バガボンドはなぜ再開しない?休載のまま完結するのかについて徹底調査!

バガボンドはなぜ再開しない?休載のまま完結するのかについて徹底調査

井上雄彦先生による「バガボンド」は、2015年2月の掲載を最後に休載が続いていますが、再開しないのでしょか?

1998年から連載の「バガボンド」は、累計部数8200万部(2020年12月時点)を記録した大人気漫画です。

『バガボンド』の原作は小説家である吉川英治さんで、『宮本武蔵』という剣豪・宮本武蔵の生涯や佐々木小次郎との決闘などを描いています。

漫画家の井上雄彦さんは、この小説をもとにして、自分の独自の解釈やアレンジを加えて『バガボンド』という漫画を作りました。

プレオ

再開しない理由や、休載のまま完結するのかを知りたい方のために徹底調査します。

目次

バガボンドはなぜ再開しないのか?

2015年から連載が休止中の「バガボンド」が再開しない理由はなぜなのでしょうか。

プレオ

ネット上を調べてみると、再開しない理由や憶測がさまざま取り上げられていました。

作者の井上雄彦さんが「思い通りに描けない」や「キャラクターの心情がイメージできない」という創作上の悩みを抱えているといわれているようです。

また、井上雄彦さんはスラムダンクの映画化や他の作品にも関わっているため、多忙なスケジュールも影響していると考えられます。

井上雄彦さんが死亡したという噂にまで発展していますが、なぜこのような憶測までとびかっているのでしょうか。

現在も元気に活動されていますが、「バガボンド」の連載再開は絶望的ともいわれており、ファンにとっては残念な状況です。

バガボンドが再開しない理由

なぜ「バガボンド」が再開しないのかについては、以下の4つの理由が考えられるようです。

  • 多忙すぎる
  • 体調不良
  • 書気がない
  • スランプを抜け出せない

上記の理由から見ても、再開しないまま完結してしまうのはファンにとっても納得がいかないはずです。

なぜなら、「バガボンド」は宮本武蔵の生涯を描いた壮大な物語であり、まだ完結していない部分が多いからです。

井上雄彦さんの繊細で迫力ある画風や、武蔵の成長と苦悩を感じさせるストーリーは、多くの読者の心を捉えてきました。

しかし、その魅力を味わうことができないまま、物語が途切れてしまうのは、まるで武蔵の運命を知らないまま別れを告げるようなものです。

再開しない理由:多忙すぎる

井上雄彦さんは漫画家としてだけでなく、美術家や映画監督としても活躍しているため、多くの仕事をこなす必要があるのでしょう。

井上雄彦さんは「バガボンド」の連載中も、以下のような活動をしていました。

  • リアルの連載
  • バガボンドの連載
  • スラムダンク奨学金
  • 美術家としての展覧会やグッズ販売
  • 映画SLAM DUNKの監督脚本

上記の活動はすべて井上雄彦さんの独自の表現やメッセージを伝えるための作品です。

井上雄彦さんは自分の作品に対して高いこだわりを持っており、最高の状態で終わりを迎えたいと考えているそうです。

井上雄彦さんの多忙さは、そのような情熱や信念によるものだといえるでしょう。

再開しない理由:体調不良

井上雄彦さんが体調不良になったという噂は、2010年から2012年にかけて「バガボンド」の連載を長期休載したのがきっかけです。

しかし、実際には病気が理由ではなく、漫画を描くモチベーションが低下したことが原因だったようです。

井上雄彦さんは、休載中も他の作品や活動を行っていました。

2012年に「バガボンド」の連載を再開した井上雄彦さんは、現在も漫画家として活躍されています。

2020年には「SLAM DUNK」の映画化が発表されました。

井上雄彦さんの体調不良は、過去のことであり、現在は元気に活躍されているようですので、「バガボンド」の再開を期待して待ちましょう。

再開しない理由:書く気がない

「バガボンド」作者の井上雄彦さんは書く気がないというわけではありません

スランプや体調不良、他の仕事や活動などで連載を続けるのが難しい状況にあると、ネット上では噂されています。

現在、最新刊は2014年に発売された37巻で止まったままで、38巻は未定となっているので休載期間は、おおよそ8年の月日が経っています。

井上雄彦さんはX(旧Twitter)でファンに向けて連載再開の意思を示していますが、具体的な時期は明かしていませんが、「バガボンド」に対する完結の意欲はあるはずです。

プレオ

ファンとしては待ち遠しいですが、井上雄彦さんのペースで描いてもらいたいと思います。

再開しない理由:スランプを抜け出せない

「バガボンド」は2015年2月から休載中で、再開の目途が立たない理由に作者である井上雄彦さんのスランプが原因とも指摘されているようです。

しかし、井上雄彦さんは休載中にも他の作品や活動を行っており、「バガボンド」の作品に注力を注ぐ時間が得れていないだけなのかもしれません。

休載の理由は体調不良や創作の苦悩などが挙げられますが、本人は「バガボンドは自分の人生の一部」と語っており、完結させる意志はあると思われます。

バガボンドのファンの方は。井上雄彦さんの健康と創作の自由を尊重して応援しましょう。

バガボンドについての口コミ

連載が始まった1998年から人気が集まり、37巻まで出版しているバガボンドは、今や累計発行部数は8200万部を超えています。

プレオ

宮本武蔵の生涯を描いた人気作品なのに、なぜか再開しないまま現在に至っているのでファンは不安を抱えたままです。

「バガボンド」の口コミは、読書メーターやコミックスペースなどのサイトで見れますが、 一般的には井上先生の画力や武蔵の成長や悩み、小次郎や他の登場人物の魅力などが高く評価されています。

ただし、再開しない期間が長く続いているので、武蔵と小次郎の決着が気になるといった口コミも多かったです。

「バガボンド」は、剣の道や生きる意味などを深く掘り下げた作品で、多くの読者に感動や刺激を与えています

プレオ

なぜ最高傑作と高く評価されているのか気になる方は、バガボンドをぜひ読んでみてください。

良い口コミ

「バガボンド」は井上雄彦先生による歴史漫画で、宮本武蔵の生涯を描いていることで知られています。

「バガボンド」は多くの読者から高い評価を受けており、ここからは良い口コミをいくつか紹介します。

良い口コミのなかには、バガボンドは面白い、続きが早く見たいといった内容のものが多かったです。

連載が止まっているため、続きが早くみたいといった意見が多く、作者の復帰を待ち望んでいます。

とにかく内容を評価する口コミがたくさん寄せられており、一度読み進めるとハマること間違いなしです。

プレオ

バガボンドが気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

悪い口コミ

バガボンドは内容が面白いと評価されており、良い口コミが多いです。

しかし、いくつかの口コミでは、悪い口コミも寄せられています。

実際に、どのような悪い口コミが投稿されているのか、詳しく紹介していきましょう。

まず多い口コミでは、休載が続いており、いつ完結するのか気になるといったものです。

プレオ

作者の都合で連載が止まっているため、続きが気になる読者も多いのでしょう。

実際に、いつまで休載するのか名言されていないため、このまま完結するのではないかと不安に思う読者もいます。

内容に関する悪い口コミはほとんどなく、漫画自体の評価はかなり高いです。

バガボンドが再開する可能性はある?

バガボンドは井上雄彦さんが描く歴史漫画で、宮本武蔵の生涯を描いています。

2014年以降は長期休載に入っており、再開しないまま最新刊は第37巻で止まっています。

なぜバガボンドが再開すると期待を持ったのかというと、井上雄彦さんは2012年にX(旧Twitter)で3月頃に再開すると宣言したからです。

その後も井上雄彦さんはバガボンドの話題に触れることはほとんどなく、なぜか他の作品や芸術活動に力を注いでいます。

結果、バガボンドが再開しない可能性の方が高いといファンの間では捉えられているようです。

ファンとしては残念なことですが、井上雄彦さんの創作意欲を尊重するしかありません。

プレオ

バガボンドの完結を待ち望む人は多いと思いますが、井上雄彦さんの他の作品も素晴らしいので、ぜひチェックしてみてください。

バガボンドは休載のまま完結する?

バガボンドは武蔵の剣や強さについての物語で、深い哲学的問題にも触れた作品として高い評価を受けています。

なぜ「バガボンド」は再開しないのかについては、前述したように体調不良や他の仕事で忙しいため、連載再開の時期は発表されていません

実際問題「バガボンド」の休載理由は、作者である井上雄彦先生にしか分かりませんが、再開しないまま完結を迎えるパターンは考えたくないのが本音です。

「なぜ、再開しないの?」と追求するファンの不安な気持ちは察しますが、連載再開の期待を持ちながら、他の井上雄彦先生の作品や画集などを楽しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ

バガボンドはなぜ再開しない?休載のまま完結するのかについて徹底調査
  • バガボンドが再開しない理由は、あくまで噂の域を超えませんが、多忙すぎる、体調不良、書気がない、スランプを抜け出せないといわれている
  • 休載のまま完結する可能性は、ネット上の情報をみる限りでは、休載のまま完結する可能性は高い
  • 再開の予定は、2024年現在までに連載再開の目処は立っていません

「バガボンド」は井上雄彦先生の代表作の一つであり、多くのファンから熱望されている作品です。

しかし、長期休載に入ってから9年が経ち、いまだに連載再開の目処は立っていません

「バガボンド」について、休載の理由や背景、完結の可能性や見通しについて、さまざまな情報源や分析をもとに徹底的に調査しました。

結論としては、井上雄彦先生は「バガボンド」を完結させるという意志を持っておられますが、再開時期は不明のままです。

プレオ

いつか必ず、宮本武蔵の物語が完結する日が来ると信じて待ちましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次