ウタウタの実いつ食べた?ウタが食べた悪魔の実の能力や弱点を徹底解説

ウタウタの実はいつ食べた

最新映画『ONE PIECE FILM RED』で、謎多きキャラクター「ウタ」が登場しましたね。

彼女の持つ、ウタウタの実の能力には驚かされましたが、一体彼はいつこの悪魔の実を食べたのでしょうか?

映画を見たファンの中には、「ウタは幼少期からこの能力を持っていたのでは?」と指摘する声も多いです。

確かに映画内で、ウタが幼い頃に既にその能力を使用しているシーンが描写されていました。

この事実を考慮すると、ウタがウタウタの実を食べたのは、非常に幼い時期であった可能性が高いです。

しかし、映画中でウタが実際にウタウタの実を食べるシーンは確認できませんでした。

このため、ファンの間ではさまざまな憶測や仮説が飛び交っています。

この記事では、ウタのウタウタの実についての能力や弱点を詳しく解説しながら、実際にウタウタの実を食べたタイミングについても、可能な限りの情報をもとに推測していきます。

目次

ウタウタの実をいつ食べた?

ワンピースのウタが悪魔の実「ウタウタの実」を食べた時期、それがファンの間でどれほどの議論を呼んでいるか、皆さんはご存知でしょうか?

確かに、映画の中ではウタがこの特異な実を口にした瞬間は明示されていません

そのため、ファンの間で「いつ食べたのか?」という質問が湧き上がり、様々な考察や憶測が飛び交っています。

「ONE PIECE FILM RED」における情報をもとに考えると、12年前のエレジアの滅亡、そしてフーシャ村での赤髪海賊団とのエピソードです。

これらの事象から、ウタがその時点で既にウタウタの実の能力者であったことは明らかです

しかし、彼女が具体的にこの実を食べたのはいつなのか。

その答えを求め、今回は3つの時間軸、つまり…

  • シャンクスと出会う前
  • シャンクスとの出会ったころ
  • フーシャ村での出来事よりあと

こちらを中心に、ウタの成長や周囲の状況を基に詳細に迫ってみたいと思います。

推測①:赤ん坊の時

ウタがまだシャンクスと出会う前、赤ん坊の時期にウタウタの実を食べたという仮説は、物語の中のある点を考慮すると決して遠い話ではないでしょう。

まず、ウタが宝箱の中にいたこと自体が大きな謎として立ちはだかります。

赤ん坊が一体どうしてそんな場所にいたのか、そして彼がなぜそこに放置されたのか。

これにはいくつかの可能性が考えられますが、特に注目すべきは「ウタが希少なウタウタの実の能力者として囚われていた」という点です。

宝の中には、希少価値の高い物が隠されることが一般的です。

ウタウタの実の能力の希少性やその強大な力を持つことから、ウタが目をつけられ、その能力を隠蔽するために宝箱に隠されたのではないかと考えられます。

さらに、この宝箱が敵船から発見された点を考慮すると、船の乗組員たちはウタの能力を恐れ、または利用しようとしたが、シャンクスたちによる襲撃を受けて彼らがウタを隠すために宝箱に閉じ込めたのかもしれません。

推測②:シャンクスと出会った頃

ウタがシャンクスと出会った後、幼少期にウタウタの実を食べたという考察も持ち上がっています。

実際、シャンクスの周辺での悪魔の実の能力発現は一度や二度ではありません。

シャンクスはバギーのバラバラの実食用のシーンや、ルフィのゴムゴムの実食用のシーンに立ち会っています。

これは決して偶然とは思えないでしょう。

バギーの場合

彼が売り払うつもりで隠していた実をシャンクスの接触により、咄嗟に飲み込んでしまった。

出典:ONE PIECE 3巻19話

ルフィーの場合

シャンクスがゴムゴムの実の入った宝箱を横に置いておき、ルフィがその実を食べてしまった。

引用:ONE PIECE公式サイト

このような状況から、シャンクスが悪魔の実の食用にどこか関与しているのではという疑惑が浮上しています。

そのため、ウタもシャンクスの近くでウタウタの実を食べたのではないかという推測は合理的に感じるのではないでしょうか。

ウタという名前自体が、ウタウタの実を食べる運命を予感させるものとも受け取れます。

シャンクスがウタにこの名前をつけ、ウタウタの実を食べさせたという背後にはどのような思惑があるのでしょうか。

それとも単に偶然の一致なのか?

シャンクスとウタ、そしてウタウタの実の関係については、これからも多くのファンが考察を深めることでしょう。

推測③:フーシャ村より後

悪魔の実の食用タイミングに関するウタの謎に、もう一つの仮説を考えると、それは彼女がフーシャ村に来た後にウタウタの実を食べたというものです。

最新のアニメエピソードと映画の内容が一致しないことから、この推測が生まれました。

映画ではウタの歌によりルフィたちが眠ったとされていますが、2022年8月14日のエピソードではそういった描写はありませんでした。

この矛盾は、ウタがフーシャ村到着時にはまだ悪魔の実を食べていなかったことを示唆しているのかもしれません。

さて、フーシャ村来訪後、ウタがどのようにして悪魔の実を手に入れたのかは不明です

しかし、シャンクスが近くにいると悪魔の実の食用が起こるというパターンを考えると、ウタが何らかの形で悪魔の実を食べるシーンがあったとも考えられます。

ルフィがゴムゴムの実を無意識に食べてしまったように…

ウタも何らかの偶然からウタウタの実を食べたのか。

あるいはシャンクスが何らかの意図を持って彼に食べさせたのか。

しかし、その真相はまだ明らかになっていません。

今後の物語がこの謎を解明してくれることを期待しています。

ウタウタの実の能力とは?


ウタウタの実、その名前だけでも多くの人々の興味を引きつけます。

しかし、その真の能力は、我々の想像を遥かに超えたものとなっています。

『ONE PIECE FILM RED』において、ウタの持つこの特異な能力がどのような影響を持つのか、舞台となる特別な世界「ウタワールド」の中で、何が可能となるのか。

そして、なぜウタが「最強」と称されるのか、その背後にある理由に迫って参ります。

能力①:歌を聴いた人間を仮想世界に閉じ込める

ウタウタの実の最も顕著な能力は、歌を聴かせることで人々を眠りの淵に引き込み、彼らを仮想の世界、ウタワールドに閉じ込めることです。

この特異な能力は、聴覚を通じて直接人々の心と精神に作用し、現実とは異なる独自の世界へと彼らを導きます。

この仮想の世界は、閉じ込められた者たちが気づくことなく、外界とは隔絶された場所となっています。

実際、モニターやラジオから流れる歌声によっても、この特異な能力は発動するのです。

ウタワールドの中で、ウタは自らの意志で風景を変化させたり、さらには閉じ込められた者たちの行動を操ることも可能です。

更に驚くべきことに、この能力によって現実世界での行動も影響を受けます。

ウタが操ることで、閉じ込められた者たちが現実の世界で行動を起こすことも示されており、その強大な能力は、敵味方を問いません。

そのため一度ウタの歌声に触れると逃れられない魔の手となります。

映画では、この能力の限界やウタの選択に観客が引き込まれ、息を呑む瞬間が数多く展開されています。

能力②:魔王(トットムジカ)を呼び出せる

『ONE PIECE FILM RED』の舞台、音楽の島「エレジア」は古代からの伝説が息づき、その中心に立つのが魔王「トットムジカ」です。

引用:公式サイト

このトットムジカは、古くから封印された存在とされていましたが、ウタウタの実の能力者であるウタがこの封印を解く鍵を握っています。

エレジアは音楽と共に繁栄してきた島です。

そのためウタがこの島に足を踏み入れると、彼女の持つ特異な歌声に島民たちは魅了されます。

そして、次々と楽譜がウタのもとへと集まります。

しかし、中には過去の暗闇を秘めた、一つの呪われた楽譜も…。

ウタがそれを歌うことで、封印されていたトットムジカが解放される事態になります。

トットムジカの力は圧倒的なものです。

ウタがその力を解放したことで、エレジアは一時的に大きな危機を迎えました。

ウタの疲れからトットムジカは再び封印されたものの、その破壊力は島を滅ぼす可能性を持っていたのです…。

ウタウタの実の弱点とは?

『ONE PIECE FILM RED』に登場するウタウタの実の能力は圧倒的で、聴く者を仮想の世界に閉じ込めることができるだけでなく、伝説の魔王「トットムジカ」まで呼び出せるという驚異的な力を持っています。

しかしながら、この世に絶対的な力は存在しない。

ウタウタの実にも、その強大な能力を抑える鍵となる弱点が存在します

映画の中で、ウタが持つ能力が際立つ中、彼女の戦いのスタイルや、仲間とのやり取りから、ウタウタの実の持つ弱点を見抜くことができます。

その弱点が何かは、多くのファンにとって大きな謎となっていますが、映画をじっくりと鑑賞することで、そのヒントや答えを探ることができるでしょう。

弱点①:体力の消耗

『ONE PIECE FILM RED』でのウタウタの実の能力は圧倒的ですが、その一方で意外な弱点も明らかにされました。

それが「体力の消耗」です。

この能力を使って「ウタワールド」を発動させることは、ウタ自身にとって非常に大きな負担となります。

ウタワールドを維持するためには、ウタの持つスタミナや体力が直接的なエネルギー源として消費されるようです。

この状態を長く続けていると、ウタ自身が疲れてしまい、最終的には眠ってしまう可能性があります。

この時、ウタワールドに囚われていた人々は、現実世界に戻ることができるのです。

この弱点は、長期間にわたる戦闘や連続での能力使用時に特に顕著になります。

ウタが体力を温存しなければ、彼女の強大な力を封じることが可能となるでしょう。

弱点②:歌を聴こえなくすると発動しない

ウタウタの実の能力が発動する最大の条件は、ウタの歌を直接耳にすることです。

これが意味するのは、歌声を完全に遮断あるいは聞こえなくすれば、ウタの能力は無効化されてしまいます。

実際に、耳栓を使用したり、高音波や特殊な周波数を用いて歌声の周波数を遮断することで、ウタウタの実の能力の影響を受けずにウタとの対決を有利に進めることができるでしょう。

さらに、離れた場所からの攻撃や、遠隔操作の兵器を用いることで、ウタの歌声の範囲から逃れながら戦うことも可能です。

このように、ウタの歌声を直接聞くことが能力発動の前提となっているため、その伝達を遮断する方法を採ることは、彼女の能力を封じ込める効果的な戦略となるでしょう。

ウタウタの実と相性の悪い悪魔の実とは?

ウタが所持する「ウタウタの実」は「史上最強の悪魔の実か?」との声が上がっています。

しかし、この悪魔の実も完全無欠ではないはず。

それでは、「ウタウタの実」と相性の悪い、もしくはその能力を打破できる悪魔の実はどのようなものがあるのでしょうか。

その所有者の能力なども考えて考察してみたいと思います。

ナギナギの実

『ONE PIECE』における悪魔の実の中で、特異な能力を持つ「ナギナギの実」です。

この能力は、2代目コラソンことロシナンテが所持していました。

この果実の能力は、周囲の音を完全に遮断するもの

一見シンプルで、過去には「最弱の悪魔の実では?」とも囁かれてきました。

しかし、ウタの「ウタウタの実」の能力を封じるには、実は最適な能力かもしれません。

彼女の歌声を遮断すれば、その強大な能力を発動させることはできない。

想像するだけで、この二つの果実の能力がぶつかるシチュエーションは、非常に興味深いものとなります。

オペオペの実(覚醒)

「オペオペの実」はその特異な能力で多くのファンの注目を集めています。

この果実の所有者、トラファルガー・ローは、その能力を駆使して数々の戦闘を有利に進めてきました。

「オペオペの実」の基本的な能力「ルーム」は、指定した範囲内であらゆる物体を自在に操作できます。

そして、覚醒した「オペオペの実」には「サイレント」という能力が加わります。

これにより、ローは敵の攻撃や感覚を一時的に遮断することが可能となり、これが「ウタウタの実」の歌声を遮断するための強力な手段となるかもしれません。

悪魔の実同士の能力が交錯する場面は、ファンにとって非常に楽しみなポイントとなるでしょう。

ガスガスの実

シーザー・クラウンの「ガスガスの実」は、確かにウタの「ウタウタの実」の能力に対して一定のアドバンテージを持っていると言えます。

歌を歌うためには酸素が不可欠で、それを奪うシーザーの能力は非常に有効な手段となり得ます。

また、シーザーの性格や過去の行動からも、仮想空間の中での戦闘を有利に進める可能性が高いでしょう。

ホビホビの実

シュガーが所有する「ホビホビの実」は、一度触れれば相手をおもちゃに変えてしまう強力な能力を持っています。

この能力は、ウタの「ウタウタの実」との対決においても有効な手段となるでしょう。

シュガーがウタを直接触れることができれば、ウタの歌う能力を即座に封じることができます。

おもちゃに変えられた状態のウタは、その強力な歌声を使っての攻撃はもちろん、周囲の人々を仮想世界に引き込むこともできなくなるでしょう。

この「ホビホビの実」の能力を駆使することで、シュガーはウタとの戦いにおいて有利な立場を築くことが期待できます。

ネムネムの実

ネムネムの実の能力者、オリジナルキャラクターのノコは、アニメやゲームでその存在感を放っています。

彼女の持つ「ネムネムの実」の能力は、敵を眠らせることができます

これは、ウタの「ウタウタの実」の能力に対して極めて効果的な反撃手段となり得るのではないでしょうか。

ウタの能力が「ウタワールド」内での操作に体力を大きく消耗し、眠ることで効果が切れてしまうことを考えると、ノコのこの眠りの能力はまさに天敵と言えるでしょう。

ノコがウタを眠らせることができれば、ウタの能力は一時的に中断し、戦局が一変する可能性が高まります。

ウタウタの実はオトオトの実の上位

ワンピースの多種多様な悪魔の実の中で、特に興味深いのはその能力が似ているもの同士の関係性です。

ウタウタの実とオトオトの実は、一見すると似ている能力を持つものとしてファンの間で話題になっています。

しかし、これはマグマグの実とメラメラの実のような上位互換の関係ではないようです。

ウタウタの実は、その威力は絶大ですが、体力の消費が激しいという特徴があります。

一方、オトオトの実は、その範囲と威力は限られていますが、継続して使用することができる特徴を持ちます。

これはまるで、強力な一撃を持つロケットランチャーと、連射可能なサブマシンガンの違いのようなものです。

どちらの能力が優れているかは、状況や戦略によって変わってくるのです。

さらに、映画でのウタウタの実の描写は、ネズキノコやトットムジカといった特殊なツールを使用してのもので、その本来の性能からは逸脱していると言えるでしょう。

ワンピースの世界において、悪魔の実の能力には上位互換の関係が存在することは確かですが、ウタウタの実とオトオトの実の関係は、それぞれの特性を理解し、適切な戦略を立てることが求められるものと言えるでしょう。

まとめ

ワンピースの壮大な物語の中に、ウタウタの実は新たな風をもたらしました。

ウタが食べたこの特異な悪魔の実は、12年前のエレジアの滅亡、そしてフーシャ村での赤髪海賊団とのエピソードですの事象から、その時点で既にウタウタの実の能力者であったことは明らかです。

彼女の歌声によって仮想世界へと人々を閉じ込める、驚異的な能力を持つウタウタの実ですが、どんな力強い悪魔の実であっても、それには必ず弱点が存在します。

そのためウタウタの実も例外ではなく、体力の消耗や歌声を遮断されることでその能力が制限されるという脆さも持ち合わせています。

この記事を通じて、ウタウタの実の能力やその弱点を詳しく知ることができたことでしょう。

ワンピースの世界において、悪魔の実は数々の謎や驚きをもたらしてきましたが、ウタウタの実もその中で特別な位置を占めることとなるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次