流浪の月の文の病気について考察!気持ち悪いと言われている理由とは?

【流浪の月】文の病気について考察!気持ち悪いと言われている理由とは?

なぜ文の病気は、彼自身や他人にとって、そんなに気持ち悪いと感じられるのでしょうか?

映画『流浪の月』とは…
出典:映画「流浪の月」公式サイト

2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆうの同名小説を、李相日監督が広瀬すずと松坂桃李の主演で映画化した作品です。

流浪の月は、10歳の少女・更紗と19歳の青年・文が出会い、一時的に同居するものの、文が更紗を誘拐したとして逮捕される事件を描いています。

15年後に再会した二人は、それぞれの人生を歩んでいましたが、文の病気が再び二人の関係に影響を及ぼします。

文は、自分の病気を隠して生きてきましたが、それは彼にとっても、彼を愛する人々にとっても、大きな苦しみと孤独をもたらしました

映画を見ていない人は、原作小説を見てみましょう。

\今なら70%OFF&実質1ヶ月無料/

文の病名は何か、映画の内容や当時の社会背景をもとに、考察したいと思います。

目次

【流浪の月】あらすじ

19歳の大学生・佐伯文は、雨の公園で本を読む10歳の少女・家内更紗に傘をさしかけました。

更紗は伯母の家に帰りたがらず、文は彼女を自宅に連れ帰り、2人は2カ月間一緒に暮らすが、文は更紗を誘拐した罪で逮捕されてしまいます。

更紗は被害者として世間の同情を集めますが、文との生活は彼女にとってかけがえのないものでした。

事件から15年後、更紗は恋人の亮と暮らしているが、偶然にも文と再会してしまいます。

更紗は文に惹かれてしまうが、亮は文の過去を暴露し、更紗を暴力で支配します。

文は更紗を守るために自分の秘密を明かし、2人は許されない愛のカタチを選ぶ…。

プレオ

映画『流浪の月』は、恋愛とも友情とも違う2人の絆を描いた問題作です。

\今なら70%OFF&実質1ヶ月無料/

流浪の月の文の病気は何?

映画「流浪の月」は、広瀬すずさんと松坂桃李さんが出演した、女児誘拐事件の加害者と被害者のその後を描いたヒューマンドラマです。

松坂桃李さん演じる佐伯文の病名は明かされませんでしたが、彼は「大人になれない」と発言をしており、二次性徴が見られない病気であることが示唆されていました。

松坂桃李が演じた佐伯文の病気は、明かされていませんでしたが、ネット上ではさまざまな考察がされています。

流浪の月の文の病気について、下表にあげた病名の症状とともに考察します。

映画「流浪の月」は、人とは違う感性や体質を持つ人々の生き方や価値観に問いかける作品であり、観る人によってさまざまな感想や考察が生まれるでしょう。

  • 思春期遅発症
  • 男性性腺機能低下症
  • カルマン症候群
  • クラインフェルター症候群

病名考察①:思春期遅発症

 思春期開始の詳細な機序は未だ不明であるが、視床下
部-下垂体-性腺系のいずれかが障害されることにより、思
春期遅発症をきたす。男児に多く、家族性があるため、遺
伝的要因の関与も推定される。本症の児では、思春期発
来時期になるとその遅れに伴い、それまで標準成長曲線に
沿って伸びていた身長が周囲の子よりも相対的に低下し、
骨年齢も遅延する。思春期開始前に一過性の成長ホル
モン分泌不全を呈することがある。思春期が開始すれば身
長は周囲の子にキャッチアップしていくが、期待するほど伸
びないことがあり、注意が必要である。

引用:日本内分泌学会

思春期遅発症とは、男子では14歳頃、女子では13歳頃までに二次性徴が見られない病気です。

二次性徴とは、声変わりや性器の発育など、性的に成熟するために必要な身体的な変化を指します。

思春期遅発症の原因は、脳の視床下部や下垂体に異常がある場合や、生殖腺に問題がある場合などがあげられます。

思春期遅発症の治療は、ホルモン補充療法や、原因となる病気の治療などが行われるようです。

思春期遅発症が文の病名だとすると、文は15年経っても見た目が変わらず、大人の女性との関係も持てなかったのかもしれません。

プレオ

あくまで一つの仮説であり、確かなことは分かりません。

病名考察②:男性性腺機能低下症

性腺機能低下症の女性は、月経が始まらず、身長や乳房の発育に影響を与える事がある。思春期以降の女性に発症すると、月経停止、性欲減退、体毛の減少、火照り等の症状が現れる。男性では、筋肉や体毛の発育障害、女性化乳房、低身長、勃起不全、性的障害などが起こる。中枢神経系の障害(脳腫瘍など)が原因で性腺機能低下症になった場合(中枢性性腺機能低下症)、その徴候および症状には、頭痛、視力障害、複視、乳房からの乳白色の分泌物、および他のホルモンの問題によって引き起こされる症状がある。

引用:ウィキペディア(Wikipedia)

二次性徴が見られない病気には、いくつかの種類がありますが、その中でも男性性腺機能低下症(LOH症候群)というものがあります。

彼は、自分の体にコンプレックスを抱いており、大人の女性との関係が持てないと感じていました。

また、彼は詩集を読んで自分の孤独や苦悩を表現していましたが、詩集には「人と違う感覚を持つ人間の孤独や苦悩」について書かれた詩が含まれていました

プレオ

映画「流浪の月」の佐伯文が男性性腺機能低下症であるかどうかは、確定的なことはいえませんが、彼の症状や言動から推測すると、可能性は高いと考えられます。

病名考察③:カルマン症候群

本疾患では嗅覚の低下が見られ、剖検例では嗅球形成不全が認められる[1]。また、第二次性徴はほとんど見られない。本疾患は、性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)が遺伝子異常により合成されないためにおこる。成長ホルモンは正常に分泌されるため身長などの発育は正常であり、そのため病識がない患者も多い。

引用:ウィキペディア(Wikipedia)

カルマン症候群とは、思春期の訪れが遅く、嗅覚の障害がみられる病気です。

性腺機能低下症と嗅覚欠損を伴う一つの疾患グループといわれ、治療は性ホルモン補充療法などが行われます。

映画流浪の月で、文は「大人になれない」と発言した理由は、二次性徴がみられなかったからでしょう。

また、文はコーヒーの専門知識を持っていましたが、嗅覚の障害を補うために、味覚に磨きをかけた結果かもしれません。

しかし、カルマン症候群が文の病名と断言は難しく、他にも思春期遅発症や類宦官症などの可能性もあります。

プレオ

映画では、文の病気について詳しく説明されていないので、観客に考察の余地を残しているのかもしれません。

病名考察④:クラインフェルター症候群

性分化異常ではあるが、外性器・内性器共に男性型である(小睾丸・小ペニスはある)。

本症によくもしくは時々見られる臨床症状(学習障害、長い腕と脚、小さな精巣、無精子症による不妊症など)の原因は大まかには以下の要因による。

精母細胞の早期死滅による性腺機能不全
精母細胞は精子になるための減数分裂を行うが、本症ではこれができずに胎生期から精母細胞が死滅し、成人になるころには無精子症になっていることが多い[14]。無精子症は10~15%が染色体異常が原因だが、その9割以上がクラインフェルター症候群である。

SHOX遺伝子の過剰による高身長化
SHOX遺伝子はX・Y染色体の短腕に存在して身長を伸ばす効果があるが、不活性化から外れる擬似常染色体領域にあるのでこれが通常の1.5倍以上ある本症では高身長になりやすい。

引用:ウィキペディア(Wikipedia)

クラインフェルター症候群とは、性染色体の数の異常による生まれつきの病気で、主に男性不妊の症状が出るものです。

思春期までは特に症状が現れず、結婚して子供ができない悩みから発覚するケースが多いそうです。

映画の文は結婚したような描写はなかったため、文の病名がクラインフェルター症候群である可能性は低いと思われます。

文の病名は、他にも思春期遅発症や類宦官症などの考察もありますが、どれも確定的ではありません。

プレオ

映画『流浪の月』は、文の病名や病気よりも、文と更紗(広瀬すず)の関係や、善と悪の揺らぎに焦点を当てた作品だと思います。

流浪の月の文の病気は過去が関係している?

映画「流浪の月」は、女児誘拐事件の加害者と被害者のその後を描いたヒューマンドラマです。

文の病気は性腺機能不全と呼ばれるもので、男性ホルモンが分泌されず、精巣の発育などがされないままの状態で大人になる病気です。

病気は文の過去と深く関係しているようで、文は母親に失敗作だと決めつけられ、最低限の面倒は見るが、ネグレクトを受けていました

過去の絶望から彼は塞ぎ込むようになり、自分と同じように人とは違う感性を持つポーの詩集に心を寄せるようになりました。

プレオ

映画「流浪の月」は、善と悪が人の見方によって全く変わる映画で、観客に多くの問題提起をする作品です。

流浪の月は気持ち悪いと言われている?

映画「流浪の月」は、2020年の本屋大賞を受賞した凪良ゆうさんの小説を原作とした作品です。

広瀬すずさんと松坂桃李さんが主演を務め、女児誘拐事件の犯人と被害者が15年後に再会を果たす衝撃的な物語を描いています。

映画「流浪の月」が「気持ち悪い」といわれる理由は、人によって違うと思いますが、以下のような点が挙げられるかもしれません。

  • 主人公の文が下半身に秘密を持っている
  • 文の恋愛感情や性的欲求が普通でない
  • 横浜流星さんが演じる更紗のDV彼氏の歪んだ愛
  • 物語の雰囲気が暗くて重い

もちろん、上記の理由は一概にはいえませんし、逆に映画の魅力と感じる人もいるでしょう。

プレオ

映画の評価は主観的なものなので、自分の目で見て判断するのが一番です。

流浪の月を実際に見た感想

映画流浪の月は、2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆうのベストセラー小説を、李相日監督が広瀬すずと松坂桃李の主演で映画化した作品です。

10歳の少女・更紗と19歳の青年・文の禁断の絆を描いた物語で、感動的で切ないラブストーリーです。

映画は美しい映像と音楽、そして演技派俳優たちの熱演で、原作の世界観を見事に再現しています。

社会の偏見や差別に苦しむ人々の姿を通して、愛とは何か、人生とは何かを問いかける作品でもあります。

プレオ

見た人の感想はさまざまですが、とても感動的で考えさせられる映画です。

以下では、流浪の月を視聴した方の感想を紹介します。

良い感想

広瀬すずさんと松坂桃李さんが主演を務め、10歳の少女と19歳の青年の禁断の恋を描いています。

世の中は多様性を認めるようになったのでしょうか、それとも排斥される人間が変わっただけなのでしょうか。

群れて生きざるを得ない人間は、常に何らかの属性の人間を排除しようとします。

時代によって排除の対象が変わるだけかもしれないし、映画『流浪の月』を見るとそういう気分になる人も多そうです。

プレオ

映画『流浪の月』には、多くの人が感動したり、考えさせられたりしたようです。

悪い感想

映画『流浪の月』は、好き嫌いが分かれる作品といえるでしょう。

誘拐事件の被害者と加害者の間に生まれた禁断の恋を描いた作品で、倫理的に問題があると感じる人も当然いて当たり前です。

また、登場人物たちの心理や感情が複雑で不安定であり、観る者にも重苦しい印象を与えたと思います。

登場人物たちの心象や感情が叙情的に映し出されていますが、その美しさとは裏腹に、物語の展開や結末は悲しくて切なくて残酷です。

プレオ

映画流浪の月は、悪い感想を持つ人にとっては、気持ち悪いと感じる要素が多いかもしれません。

まとめ

【流浪の月】文の病気について考察!気持ち悪いと言われている理由とは?
  • 流浪の月の文の病気は公式には発表されていません
  • 一番信憑性がある病名は、二次性徴が見られない病気(思春期遅発症)
  • 倫理的に問題がある作品だから気持ち悪いと言われている

映画『流浪の月』は、善と悪、事実と真実、人間と人間の関係について、深く考えさせられる作品です。

プレオ

文と更紗の物語は、私たちに何を伝えようとしているのでしょうか?

観る者の心によって異なるかもしれませんが、一つ確かなことは彼らは自分たちの感情を偽らずに生きようとした事実です。

そんな『流浪の月』は原作小説を読むことができます。

\今なら70%OFF&実質1ヶ月無料/

彼らは、世間から見たら気持ち悪いといわれるかもしれませんが、自分たちにとっては唯一の救いだったのではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次