夏目友人帳が連載終了と噂される理由とは?アニメ7期と最終回はどうなる?

夏目友人帳の連載終了

夏目友人帳が連載終了と噂され、本当?嘘?という声をよく耳にします。

夏目友人帳は2003年から白泉社のLaLaで連載中の緑川ゆきの人気漫画です。

主人公の夏目貴志は祖母から受け継いだ妖怪たちの名前が書かれた「友人帳」を持ち、妖怪たちとの出会いや別れを通して自分自身を見つめ直していく物語です。

アニメ化もされており、2017年に第6期が放送されました。

しかし、ネット上では連載終了や作者死亡の噂が囁かれています。

連載終了や作者死亡の噂は本当でしょうか。

そして、アニメの続編はいつから放送されるでしょうか。

夏目友人帳の連載終了の噂とアニメ7期の放送について、当記事で調査した結果をお伝えします。

目次

夏目友人帳が連載終了と噂される理由

夏目友人帳が連載終了と噂される理由について、以下のように考えてみました。

  • 作者の緑川ゆきさんが体調不良で入院した経緯から、死亡説が流れた
  • 連載の更新頻度が低く、隔月や不定期で掲載されるので終了の危機を感じた
  • コミックスの発売間隔が長く、平均して1年に2巻程度のペースで発売されるので、打ち切りの可能性を疑った

上記の理由は噂の反中で、夏目友人帳は現在も連載中であり、作者も元気に活動しています。

アニメ7期の制作も決定しており、ファンは安心して次回作を待ちましょう。

夏目友人帳はこれからも続いていく素敵な作品です。

ぜひ応援しましょう。

夏目友人帳の連載終了と噂される理由を調査

夏目友人帳は緑川ゆきによる人気漫画で、2003年から白泉社のLaLaで連載中です。

アニメ化もされており、2017年には第6期が放送されました。

しかし、ネット上では連載終了や作者死亡の噂が囁かれています。

連載終了や作者死亡の噂は本当なのでしょうか。

また、アニメの続編はいつから放送されるのでしょうか。

当記事では、夏目友人帳が連載終了と噂される理由を3つに分けて調査してみました。

それぞれの理由について、事実と噂を比較し、真相を追求します。

夏目友人帳のファンの方はぜひご覧ください。

夏目友人帳が連載終了と噂される理由は以下の3つです。

それぞれの理由について、詳しく見ていきましょう。

理由①:作者死亡説

夏目友人帳の作者である緑川ゆきさんが“死亡した”説があります。

当死亡説は、2018年に発売されたコミックス第23巻のあとがきで、緑川さんが「体調不良で入院した」と明かされたからでしょう。

第24巻ではあとがきがなく、第25巻では「体調不良で入院したままだ」と、コメントが掲載されました。

以上の内容から、一部のファンは緑川さんが重病であるか、あるいはすでに死亡しているのではないかと心配しました。

理由②:連載の更新頻度

連載の更新頻度の低さが理由でしょう。

夏目友人帳は月刊LaLaで連載されていますが、毎月掲載されるわけではありません。

隔月や不定期で掲載される場合も多くあります。

体調不良などの影響もあり、休載する場合もありました。

以上の理由から、読者は連載が終了したのではないかと心配するようになったのではないでしょうか?。

プレオ

実際には連載は終了しておらず、現在も続いているので安心してください。

理由③:コミックス販売の頻度

コミックス販売の頻度が低い理由からでしょう。

夏目友人帳は2003年から連載が始まりましたが、現在までに発売されたコミックスは30巻です。

平均して1年に2巻程度のペースで発売されています。

他の漫画と比べると、発売間隔が長いと感じる読者もいるかもしれません。

また、コミックスの発売日も不定期であり、前巻から半年以上の間隔がある場合もあります。

以上の理由から、読者は連載が終了したのではないかと心配するようになったのだと思われます。

夏目友人帳のアニメ7期は放送される?

夏目友人帳は人気漫画で、アニメ化もされています。

2023年7月にアニメ15周年記念PVで第7期の制作決定が発表されました 。

放送日はまだ発表されていませんが、2023年10月か2024年1月から放送される可能性が高いと予想されます 。

原作漫画は現在も連載中で、最新刊は2023年9月5日に発売されました。

夏目友人帳のアニメ7期は放送される可能性が高いですが、公式の発表があるまでは確定ではありません。

プレオ

夏目友人帳の魅力に触れたい方は、原作漫画や過去のアニメシリーズをぜひご覧ください。

夏目友人帳の最終回はいつ?

夏目友人帳の最終回はいつなのかの質問には、現時点では明確な答えがありません。

夏目友人帳は緑川ゆきによる人気漫画で、2003年から白泉社のLaLaで連載中です。

連載は現在も続いています。

また、コミックスも定期的に発売されています。

最新刊は2023年9月5日に発売された第30巻です。

夏目友人帳は一話完結型のオムニバス形式で物語が進んでおり、大きな区切りやクライマックスがあるわけではありません。

作者の緑川ゆきさんも、連載終了の予定や時期については公表していません。

夏目友人帳の最終回はどうなるのか?

夏目友人帳の最終回はどうなるのか、気になるところですね。

当疑問に対する答えは、作者にしかわからないでしょう。

しかし、作者である緑川ゆきさんは以前、「夏目友人帳の終わり方は決まっている」と語っています。

また、「夏目友人帳は夏目貴志の成長物語である」とも述べています。

夏目友人帳の連載は終了しておらず、今後も続いていく観点から、夏目友人帳の最終回は、夏目貴志が自分の居場所や幸せを見つける形になるのではないかと予想できます。

具体的にどのような展開になるのでしょうか。

以下にいくつかの予測をしてみました。

予測①:友人帳の名前を返しきる

夏目友人帳のタイトルにも掲げている「友人帳」は、夏目貴志が祖母から受け継いだ妖怪たちの名前が書かれた契約書です。

夏目貴志は友人帳を使って妖怪たちと交流します。

予測では、夏目友人帳の最終回は、夏目貴志が友人帳に残っている妖怪たちの名前をすべて返しきる形になるのではないでしょうか。

夏目貴志は妖怪たちとの契約を解消し、自分の選択や生き方を確信できます。

妖怪たちも自由を手にし、感謝や別れの言葉を述べるかもしれません。

夏目貴志は空っぽになった友人帳を手放し、自分の家族や仲間たちと共に幸せに暮らす内容で終わりを迎えるのではないかと思います。

予測②:このままの日常のまま終わる

夏目友人帳は基本的にエピソードごとに完結しており、大きなストーリー展開やクライマックスがあるわけではありません。

以上の観点から予測すると、夏目友人帳の最終回は特別なケースは起こらず、このままの日常のまま終わると考えられます。

夏目貴志は友人帳を持ち続け、妖怪たちと関わり続けるのではないでしょうか?

また、夏目貴志は自分の家族や仲間たちとも仲良く暮らし、ときには笑い、ときには泣き、喧嘩しながら成長していく最終話を迎えるかもしれません。

夏目友人帳が連載終了と噂される理由のまとめ

夏目友人帳の連載終了

夏目友人帳は緑川ゆきによる人気漫画で、2003年から白泉社のLaLaで連載中です。

アニメ化もされており、2017年には第6期が放送されました。

しかし、ネット上では連載終了や作者死亡の噂が囁かれています。

当噂は以下の3つの理由です。

  • 作者の緑川ゆきさんが体調不良で入院し、死亡説が流れた
  • 連載の更新頻度が低く、隔月や不定期で掲載されるため終了の危機を感じた
  • コミックスの発売間隔が長く、平均して1年に2巻程度のペースで発売されるため打ち切りの可能性を疑った


上記の理由は事実ではなく、夏目友人帳は現在も連載中であり、作者も元気に活動しています。

アニメ7期の制作も決定しており、ファンの皆さんは楽しみに待ちましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次