【駆除人】コミックは打ち切り?販売中止と噂される理由は?ネタバレ注意!

【駆除人】のコミックが打ち切り?販売中止と言われる理由とは?

漫画コミックス「駆除人」が打ち切りや販売停止と噂されるのをご存知でしょうか?

「駆除人」は、花黒子先生の人気ライトノベルを浅川圭司先生が漫画化した作品です。

2022年7月に発売された5巻で突然の完結を迎えましたが、なぜこんなにも早く終わってしまったのでしょうか。

噂されている理由とは一体何なのか、漫画コミックス「駆除人」の打ち切りや販売停止の真相に迫ります。

ただし、ネタバレが含まれるので、ご注意ください。

ここからは、私がウェブ検索をして得た情報をもとに、駆除人の打ち切りの背景や作者のコメントなどを紹介します。

目次

【駆除人】のコミックは打ち切り?

結論から申し上げますと【駆除人】のコミックは打ち切りで終了した可能性があります。

出版契約が満了した理由で、コミックは2023年3月22日から販売停止になりましたが、最終巻である5巻は2023年4月26日に発売されました。

【駆除人】は花黒子さんの原作と浅川圭司さんの作画による異世界転生ファンタジー漫画で、コミックス累計部数は180万部を突破しています。

プレオ

アニメ化の可能性もネット上では噂されているので、期待して待ちましょう。

【駆除人】のファンの方には残念なお知らせかもしれませんが、作品の世界観やキャラクターを楽しんでください。

次に、漫画コミックス「駆除人」の打ち切りの理由に触れていきます。

【駆除人】コミック打ち切りの理由

漫画コミックス【駆除人】は、180万部を超える人気作品です。

花黒子先生の人気ライトノベルを浅川圭司先生がコミカライズした作品ですが、2022年7月に発売された5巻で突然の完結を迎えました。

プレオ

なぜこんなにも早く完結(打ち切り)を迎えたのでしょうか。

理由は、出版契約の満了と誹謗中傷の多さにあるといわれています。

【駆除人】のコミック打ち切りの理由について、以下の2点に分けて詳しく解説します。

  • 長期休載
  • エロいシーンが多い

理由①:長期休載

漫画コミックス【駆除人】は、花黒子によるライトノベルで、KT2がイラストを担当しています。

小説家になろうにて2015年から連載され、MFブックスにて2016年から2019年まで刊行されました。

コミカライズは浅川圭司が担当し、単行本化されましたが、誹謗中傷が原因で2023年3月31日付で契約終了し、『土の勇者篇』前までしか描かれておらず完結していません。

浅川圭司先生は、公式X(旧Twitter)にて、休載や連載終了の原因は過度の誹謗中傷によるものだと公言されました。

プレオ

コミックの打ち切りは、ファンにとって残念なニュースです。

理由②:エロいシーンが多い

【駆除人】コミックの打ち切り理由は、公式な発表はありませんが、一説によると作者や作画家がネット上で誹謗中傷を受けたことが原因だといわれています。

噂にあげられているエロいシーンが多いと問題になったという話は、確かな根拠がないようです。

【駆除人】コミックは人気作品でしたが、最終巻5巻で完結となり、ストーリーも中途半端なまま終わってしまいました。

プレオ

読者からは、残念な気持ちや怒りの声が多く寄せられています。

【駆除人】コミックのファンの方には、残念なお知らせでしたが、他の作品も楽しんでください。

【駆除人】コミックは打ち切り完結だった!

駆除人のコミックは打ち切りなのかと気になる読者も多いでしょう。

実際、原作ではストーリーが続いているのに、駆除人のコミックは中途半端な形で完結しています。

詳しい事情はわかりませんが、ストーリーの途中でコミックが終了しているなら、打ち切りといえるのかもしれません。

ただし、出版社・作者側からコミック完結の理由が打ち切りと明言されているわけではありません。

何らかの事情で駆除人のコミックが完結した事実は間違いありませんが、詳しい話は当事者しかわからないといえるでしょう。

もしかすると、一定の事情で連載が継続できなくなっただけかもしれません。

そうなれば、事情が解決できれば続編が描かれる可能性は出てくるでしょう。

プレオ

コミック打ち切りは、あくまでも噂の域を出ないので、続編が描かれると期待して待っておきましょう。

ファンの口コミ

コミック【駆除人】というのは、花黒子という作家が書いたライトノベルのタイトルで、異世界に転生した清掃・駆除業者の主人公が、魔物や勇者を駆除していく物語です。

漫画版もありますが、2022年に打ち切りとなり、楽しみにしていたファンにとってはショックな出来事だったでしょう。

プレオ

【駆除人】のファンの口コミは、さまざまな意見があるようですが、一般的には面白いと評価されているようです。

以下では、打ち切りとなってしまったコミック【駆除人】を読んだファンの意見で、良い口コミと悪い口コミをそれぞれ紹介します。

良い口コミ

駆除人を読んだ読者からは、ストーリー展開が面白い、美麗なイラストが楽しめるといった良い口コミが寄せられています。

実際に、駆除人のコミカライズの連載が決まった後は、惜しむ声が多かったようです。

原作は続いているため、継続してコミカライズで楽しみたいファンもいたでしょう。

読者からの評判が良いなら、もしかすると再度漫画家される可能性はあるので、期待して待っておきたいものです。

悪い口コミ

駆除人のコミカライズでは、悪い口コミも投稿されています。

多くは原作が続いているのに、唐突なコミカライズの完結が不満の原因であるようです。

中途半端な形で連載が終了しているので、続きが気になる読者も多いでしょう。

何らかの原因があると読者が疑ってしまうような終わり方なので、ガッカリした読者もいるかもしれません。

プレオ

再度コミカライズ化に期待して、続報を待ちましょう。

【駆除人】コミックは販売中止?

【駆除人】コミックは販売中止ではなく、出版契約が満了したため、販売停止になっています。

コミックは、2023年3月22日から販売停止(打ち切り)になりました。

引用:浅井圭司公式X(旧Twitter)

現在、コミックは5巻で打ち切りと思わせるような終わりを迎えたので、6巻の期待を寄せていたファンも多いかもしれませんが販売中止でしょう。

【駆除人】は、花黒子による日本のライトノベルで、イラストはKT2が担当しています。

「小説家になろう」にて2015年9月から連載中であり、書籍版はMFブックス(KADOKAWA)にて2016年6月から2019年5月まで刊行されました。

原作小説は引き続き連載中ですが、【駆除人】コミックは人気作品だったので、販売中止ではないですが打ち切りになったことは残念です。

【駆除人】コミックを配信している漫画サイト

コミック【駆除人】は、花黒子さんのライトノベルを原作とした異世界ファンタジー漫画です。

清掃員兼害虫駆除業者だった主人公が、死後に異世界に転生し、駆除の仕事を続けるうちに伝説の勇者を超えるレベルになってしまうという物語です。

【駆除人】のコミックは、以下のサイトで配信されていましたが、現在は打ち切りになったため販売中止配信サイトになっていました。

  • コミックシーモア
  • マンガ王国
  • ebookjapan
  • Amebaマンガ

ebookjapanを例にあげてみると、2023年3月22日をもって販売中止配信サイトになったようです。

購入済みの書籍については、変わらず楽しめるようなので安心してください。

打ち切りとなった【駆除人】コミックの続きは、原作小説の方で読めるので「小説家になろう」で楽しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ

【駆除人】のコミックが打ち切り?販売中止と言われる理由とは?
  • 駆除人の打ち切り理由は、誹謗中傷が原因とされていますが、事実は分かりません
  • 【駆除人】コミックは販売中止ではなく、出版契約が満了したため販売停止です
  • 駆除人のコミックを配信している漫画アプリは、残念ながら販売終了しており現在は読めません
  • 【駆除人】は、異世界で駆除業を営む主人公の活躍を描いた作品

魅力的なキャラクターや独自の世界観が多くの読者を惹きつけましたが、残念ながら打ち切りとなってしまいました。

打ち切りの理由は不明ですが、作者の花黒子先生や浅川圭司さんには今後も応援していきたいと思います。

コミック累計180万部を突破している人気作品でしたが、ストーリーも中途半端なまま終わってしまいました

ファンの間では、続編やスピンオフの可能性に期待が寄せられていますが、現時点では何も発表されていません

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次