【アンという名の少女】打ち切りの理由は何?シーズン4の放送予定はある?

アンという名の少女

ファンやネット上で「アンという名の少女」は打ち切りになったの?という声が多く上がっています。

NHK総合で放送されていた海外ドラマ「アンという名の少女」が、2022年3月6日にシーズン3の最終回を迎えました

アンという名の少女とは…

L・M・モンゴメリの名作「赤毛のアン」を現代的に再解釈した作品

アンという名の少女は、多くのファンを魅了しました。

しかし、シーズン4以降が制作される予定はなく、打ち切りなのではと噂されています。

本記事で、打ち切りといわれている理由を探ってみましょう。

また、「アンという名の少女」シーズン4の放送予定は今後あるのでしょうか。

プレオ

アンという名の少女を見続けているファンにとっては、非常に気になる話題です。

目次

【アンという名の少女】打ち切りの理由は何?

カナダの名作「赤毛のアン」を現代風にアレンジした海外ドラマ「アンという名の少女」は、多くの視聴者を魅了しましたが、残念ながらシーズン3で終了しました。

アンという名の少女は、なぜ打ち切りになったのでしょうか?

背景には、現代のカナダと多様性や時代背景のズレや、共同制作であるCBCとNetflixの関係性の問題があげられています。

2つの理由について詳しく解説します。

  • 現代のカナダと多様性や時代背景にズレがあるため
  • 共同制作であるCBCとNetflixの関係性の問題

現代のカナダと多様性や時代背景にズレがある

一つの打ち切りの理由に、原作とドラマの価値観の違いが指摘されています。

アンという名の少女は、原作にない登場人物やプロットを加えて、同性愛や人種差別、女性の自立の現代的なテーマを追求していました。

しかし、現代的なテーマは原作の世界観やファンの期待と合わない部分もあったようです。

ドラマの製作者であるモイラ・ウォリー=ベケットは、「原作には白人優先的な考えが多く含まれており、カナダの多様性を正確に反映していなかった」と述べました。

彼女は、「古典にどんな再発見をできるかがドラマを放送する意義だった」とも語っています。

しかし、再発見が受け入れられず、多様性や時代背景のズレを感じたファンも多かったのです。

共同制作であるCBCとNetflixの関係性の問題

もう一つの打ち切りの理由は、カナダ公共放送(CBC)とNetflixとの提携解消が挙げられます。

アンという名の少女は、CBCとNetflixが共同制作した作品でしたが、CBC側がNetflixを「カナダの国内産業を害する文化帝国主義だ」と警戒し始めたため、提携を解消したといわれています。

CBC社長のキャサリン・テイトは、「Netflixとの共同制作は長い目で見ればカナダの産業にとって害になる」と発言しました。

上記の発言が、CBCとNetflixが共同で制作するドラマ「アンという名の少女」が最後となった理由の一つかもしれません。

「アンという名の少女」は、打ち切りに至った理由が複数あると分かりました。

シーズン4以降が放送される可能性は非常に低いといわざるを得ません。

アンという名の少女のあらすじ

「アンという名の少女」は、NHK放送でシーズン3まで放送されたました。

アンという名の少女を知らない方のために、あらすじを紹介します。

カナダのプリンスエドワード島にあるアボンリー村のグリーン・ゲーブルズの農場に暮らすカスバート兄妹は、男の子を迎え入れたいと考えていました。

しかし、孤児院からやってきたのは、赤い髪とそばかすが特徴的な細身の少女アン・シャーリーでした。

最初は戸惑ったマシューとマリラですが、アンの明るさや想像力に惹かれて養女として受け入れます。

個性的なアンは学校で友達やライバルを作り、さまざまな失敗や冒険を経験しながら成長しています。

裕福な家の娘ダイアナと仲良しで、ギルバート・ブライスとは勉強で競いました。

しかし、カスバート家は金銭的な危機に陥り、マシューは病に倒れてしまいます。

続きが気になる方は、Netflixでシーズン3まで一気に視聴できます

NHK放送

NHKでシーズン3まで放送され、今もまだ根強い人気な作品です。

シリーズ放送日
シーズン12020年9月13日〜11月1日
シーズン22021年9月12日〜11月21日
シーズン32021年11月28日〜2022年3月6日
Netflix

現在もシーズン3まで視聴可能です。

アンという名の少女はNHKで再放送している?

「アンという名の少女」は、カナダの名作『赤毛のアン』を現代風にアレンジした海外ドラマです。

アンという名の少女は、2020年から2022年にかけてNHK総合で放送されましたが、シーズン4は制作されずに打ち切りとなったようです。

打ち切りが決定した作品ですが、ファンからの要望に応えて、NHKでの再放送が決定し話題にあがりました。

再放送は、NHKのBSプレミアムで行われ、シーズン1は2023年4月3日から毎週月曜日の夜10時から放送されました。

シーズン2とシーズン3の再放送はまだ未定ですが、視聴者からの要望が多ければ実現する可能性があると思います。

「アンという名の少女」は、Netflixでも配信されていますので、興味があればぜひご覧ください。

アンという名の少女のシーズン4の放送予定はある?

海外ドラマ「アンという名の少女」は、多くのファンを魅了した作品ですが、残念ながらシーズン3で終了しました。

本ドラマが打ち切りに至った理由は、前述したように

  • カナダ公共放送(CBC)とNetflixとの提携解消
  • 原作とドラマの価値観の違い

ネット上では、主に上記の2つがあげられていました。

では、打ち切りとなったシーズン4の放送予定は今後あるのでしょうか?

残念ながら、現時点ではシーズン4は制作される予定も放送される予定もありません

ファンからはシーズン4の復活を望む嘆願運動も行われていますが、実現する可能性は非常に低いといわざるを得ません。

アンという名の少女の続編は「赤毛のアンシリーズ」を読もう

ドラマ「アンという名の少女」は、シーズン3で打ち切りが決定してしまった。

では、アンの物語はどう続くのでしょうか?

実は、原作は『赤毛のアン』だけではなく、『アンの青春』や『アンの愛情』など、計9冊からなる赤毛のアンシリーズ「アン・ブックス」と呼ばれる一連の作品があります。

ドラマは打ち切りされましたが、「赤毛のアンシリーズ」は日本でも多くの出版社から翻訳されており、オンラインで購入できます。

もし『アンという名の少女』に感動し続きが気になる方は、「アン・ブックス」をおすすめします。

プレオ

きっと、アンや家族、友人たちの魅力的な物語に引き込まれるでしょう。

まとめ

アンという名の少女
  • 打ち切り理由は、多様性や時代背景にズレや、共同制作であるCBCとNetflixの関係性の問題
  • 再放送は、残念ながらありませんし、現時点ではシーズン4は制作・放送される予定もない
  • 続編は、赤毛のアンシリーズ「アン・ブックス」でみれる

「アンという名の少女」は、アンの明るさや想像力、勇気に感動した人にとって忘れられないドラマだったに違いありません。

「アンという名の少女」の続編が気になる方は、「赤毛のアンシリーズ」をおすすめします。

きっと、アンの物語の世界観に引き込まれるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次