【期間限定】ディズニープラスで初月199円キャンペーン実施中!(9/20 15:59まで)

劇場版『名探偵コナン』を時系列で見る順番!キャラ毎の登場回や初心者におすすめの順番も紹介

劇場版名探偵コナン

劇場版名探偵コナンは毎年ゴールデンウィーク前に公開され、コナンファンのみならず子供から大人まで楽しめる映画として幅広い層に人気があります。

2013年公開の「絶海の探偵」から7年連続でシリーズの興行収入を更新しており、2019年公開の最新作「紺青の拳」は年間の興行収入が邦画2位、全体5位と映画界トップクラスの人気シリーズとなりました。

今回はコナン検定2級の私が、劇場版名探偵コナンを見たい(もしくは見返したい)人向けに、おすすめの見る順番を紹介します!

プレオ

内容が盛りだくさんになってるので、「もくじ」から見たいところに飛んでください!

コナン映画見るならU-NEXT

もくじ

劇場版『名探偵コナン』を時系列で見る順番

劇場版『名探偵コナン』を公開順で並べると以下のようになります。

劇場版『名探偵コナン』の公開順に見る順番
  1. 第1作 名探偵コナン『時計仕掛けの摩天楼』
  2. 第2作 名探偵コナン『14番目の標的』
  3. 第3作 名探偵コナン『世紀末の魔術師』
  4. 第4作 名探偵コナン『瞳の中の暗殺者』
  5. 第5作 名探偵コナン『天国へのカウントダウン』
  6. 第6作 名探偵コナン『ベイカー街の亡霊』
  7. 第7作 名探偵コナン『迷宮の十字路』
  8. 第8作 名探偵コナン『銀翼の奇術師』
  9. 第9作 名探偵コナン『水平線上の陰謀』
  10. 第10作 名探偵コナン『探偵たちの鎮魂歌』
  11. 第11作 名探偵コナン『紺碧の棺』
  12. 第12作 名探偵コナン『戦慄の楽譜』
  13. 第13作 名探偵コナン『漆黒の追跡者』
  14. 第14作 名探偵コナン『天空の難破船』
  15. 第15作 名探偵コナン『沈黙の15分』
  16. 第16作 名探偵コナン『11人目のストライカー』
  17. 第17作 名探偵コナン『絶海の探偵』
  18. 第18作 名探偵コナン『異次元の狙撃手』
  19. 第19作 名探偵コナン『業火の向日葵』
  20. 第20作 名探偵コナン『純黒の悪夢』
  21. 第21作 名探偵コナン『から紅の恋歌』
  22. 第22作 名探偵コナン『ゼロの執行人』
  23. 第23作 名探偵コナン『紺青の拳』

結論を先に述べますと、

劇場版名探偵コナンに作品間のつながりはなく、時系列はありません!

基本的には1話完結エピソードとなっているため、「この映画を見るなら先にこの映画を見る必要がある」なんてことはなく、どこから見ても楽しめるようになっています!

ただ注意点が2つあります。

第1作と第5作だけは時系列の要素あり

第1作「時計仕掛けの摩天楼」、第5作「天国へのカウントダウン」について、登場人物同士が師弟関係であることが言及されています。

見る順番が前後しても話は独立しているため全く問題ないですが、ちょっとだけ「おぉ!」と思いたい方は第5作を見る前に第1作を見ることをお勧めします!

登場人物のバックボーンを知っているとより楽しめる作品がある

第18作「異次元の狙撃手」と第30作「純黒の悪夢」、第22作「ゼロの執行人」の3つは、作品単体としても非常に面白いです。

ただ、登場人物の安室透、沖矢昴、赤井秀一は映画には描かれていない裏の顔やバックボーンがあります。

原作やアニメなどで事前に知識を蓄えてから見ると面白さは数倍に跳ね上がります。

劇場版『名探偵コナン』を見るならU-NEXTがおすすめ

U-NEXTなら劇場版『名探偵コナン』を実質無料で視聴することができます。

31日間も無料トライアル期間があるので見てなかった作品、見返したい作品を追加料金なしで視聴可能です。

U-NEXT

劇場版『名探偵コナン』を見るおすすめの順番と各作品の見所

それでは劇場版名探偵コナンを見るおすすめの順番を紹介します!

ざっくりと、

おすすめの順番
  • 王道パターン/公開順に見る
  • 初心者におすすめのパターン
  • キャラクター登場別パターン
  • テーマ別パターン

4つに分けて解説していきます!

王道パターン/公開順に見る

最も王道なのは公開順から順に見るパターンです。

劇場版名探偵コナンシリーズは第1作の「時計仕掛けの摩天楼」が1997年に公開され、現在まで20年以上続いております。

そのため、初期と最新作では作画やキャラクターデザインが大きく変っており、第1作⇒第23作といった見方をするとのギャップに違和感を覚えてしまい、純粋にストーリーを楽しめなくなる可能性があります。

「劇場版を全部見るぞ!」とはじめから決めている方は公開順に見ることをおすすめします!

それでは各作品の見どころを紹介していきます!

第1作名探偵コナン「時計仕掛けの摩天楼」

劇場版名探偵コナン時計仕掛けの摩天楼

『時計仕掛けの摩天楼』の見どころ

  • 記念すべきコナン映画第1作。原作者の青山剛昌が全面監修
  • 推理、アクション、ラブコメとコナン映画の基礎が詰まった原典的作品
  • ラスト15分の蘭・コナン(新一)と犯人の駆け引きは必見

第2作名探偵コナン「14番目の標的」

劇場版名探偵コナン14番目の標的

『14番目の標的』の見どころ

  • 小五郎の知人が次々と狙われる連続事件を描いており、コナン映画で最も「ミステリー」を重視した作品
  • 序盤から終盤まで推理のポイントとなる伏線がちりばめられており一瞬も見逃す隙がない
  • 犯人の正体とその豹変ぶりに要注目

第3作名探偵コナン「世紀末の魔術師」

劇場版名探偵コナン世紀末の魔術師

『世紀末の魔術師』の見どころ

  • 怪盗キッド、服部平次、灰原哀などの人気キャラクターが初登場
  • インペリアル・イースター・エッグという実在する遺産と物語との融合
  • ラストシーンは原作者の青山剛昌先生の作画と併せコナン映画屈指の名シーン

第4作名探偵コナン「瞳の中の暗殺者」

劇場版名探偵コナン瞳の中の暗殺者

『瞳の中の暗殺者』の見どころ

  • コナンの蘭への想いが溢れ出た、コナンファン必見の名作
  • 劇中でのコナンの台詞はコナン映画史上、最も人気のある台詞の一つ
  • 蘭の親友、鈴木園子の蘭への友情も見どころ

第5作名探偵コナン「天国へのカウントダウン」

劇場版名探偵コナン天国へのカウントダウン

『天国へのカウントダウン』の見どころ

  • 2020年現在、灰原哀にフィーチャーした唯一の作品
  • コナン最大の敵「黒の組織」が映画初登場
  • 冒頭からちりばめられた伏線とその回収が見事の一言

第6作名探偵コナン「ベイカー街の亡霊」

劇場版名探偵コナンベイカー街の亡霊

『ベイカー街の亡霊』の見どころ

  • 現在話題沸騰中のVRを取り扱った先駆け的作品
  • 日本という国、そのものへの問題提起を含めたメッセージ性の高い作品
  • コナン映画で唯一、コナン(新一)の父、工藤優作が登場

第7作名探偵コナン「迷宮の十字路」

劇場版名探偵コナン迷宮の十字路

『迷宮の十字路』の見どころ

  • 舞台は古都、京都。鞍馬山や蹴上インクラインなどの観光名所が随所に登場
  • 服部平次と遠山和葉、工藤新一と毛利蘭と恋愛要素を強めた淡い恋物語
  • 倉木麻衣が歌うEDテーマ「Time after time〜花舞う街で〜」はコナン映画史上屈指の名曲

第8作名探偵コナン「銀翼の奇術師」

劇場版名探偵コナン銀翼の奇術師

『銀翼の奇術師』の見どころ

  • 怪盗キッドが5年ぶりに登場。キッドにフィーチャーした初めての作品。
  • 本作から監督がこれまでのこだま兼嗣から山本泰一郎へ変更。ギャグ要素が従来よりも増加
  • 蘭が原作・アニメを含めて初めて新一に○○するシーンはファン歓喜

第9作名探偵コナン「水平線上の陰謀」

劇場版名探偵コナン水平線上の陰謀

『水平線上の陰謀』の見どころ

  • 舞台は豪華客船。クローズドサークルの中で起きる事件とは?
  • 容疑者に山寺宏一、榊原良子といった超一流の人気・実力派声優が出演
  • 小五郎のかっこいいシーンが盛りだくさんでファン必見

第10作名探偵コナン「探偵たちの鎮魂歌」

劇場版名探偵コナン探偵たちの鎮魂歌

『探偵たちの鎮魂歌』の見どころ

  • 10周年記念として作成された主要登場人物が勢揃いしたオールスター作品
  • コナンを「工藤君」と呼ぶ犯人の正体とは?
  • 容疑者の一人として後に安室透の声を務める、古谷徹が出演

第11作名探偵コナン「紺碧の棺」

劇場版名探偵コナン紺碧の棺

『紺碧の棺』の見どころ

  • 18世紀に実在した海賊の残した宝が眠る島「神海島」が舞台
  • 蘭と園子、コナンと灰原といった「相棒」が作品のテーマ
  • EDテーマもそれに併せて愛内里菜・三枝夕夏のスペシャルコラボソング。

第12作名探偵コナン「戦慄の楽譜」

劇場版名探偵コナン戦慄の楽譜

『戦慄の楽譜』の見どころ

  • どんな音でもその音の高さがわかる「絶対音感」を巡る事件がテーマ
  • 以降のシリーズ恒例となった芸能人のゲストキャラクターが初登場
  • クラシック、ピアノの名曲が随所に使用されるなど古典音楽ファン必見の作品

第13作名探偵コナン「漆黒の追跡者」

劇場版名探偵コナン漆黒の追跡者

『漆黒の追跡者』の見どころ

  • ”13”作目の13が忌み数であることにかけて、8年ぶりに「黒の組織」が登場
  • 警察関係者や組織のメンバーが勢揃い。組織のオリジナルキャラクターとの対決も
  • 毛利小五郎の初代声優、神谷明が出演する最後の劇場版作品

第14作名探偵コナン「天空の難破船」

劇場版名探偵コナン天空の難破船

『天空の難破船』の見どころ

  • 4年ぶりに怪盗キッドが出演。キッドがメインテーマの映画は6年ぶり
  • キッドとコナンの関係性が大きく変化。キッドのコミカルなシーンが盛りだくさん
  • EDテーマ「Over Drive」はアニメシリーズでおなじみGARNET CROWの唯一の劇場版主題歌

第15作名探偵コナン「沈黙の15分」

劇場版名探偵コナン沈黙の15分

『沈黙の15分』の見どころ

  • シリーズで初めて「冬」が舞台
  • 物語の途中で喧嘩した光彦・元太に語るコナンの台詞は、今だからこそ聞いてほしい名言
  • 冒頭からド派手なアクションシーン。以降のコナンシリーズの方向性を変えた作品

第16作名探偵コナン「11人目のストライカー」

劇場版名探偵コナン11人目のストライカー

『11人目のストライカー』の見どころ

  • Jリーグ記念プロジェクトとのコラボ作品。三浦知良を含む有名Jリーガーが多数出演
  • 第1作以来15年ぶりに爆弾犯との駆け引きがテーマ
  • EDテーマはいきものがかりの「ハルウタ」。Being事務所以外のアーティストが歌う初めての劇場版作品

第17作名探偵コナン「絶海の探偵」

劇場版名探偵コナン絶海の探偵

『絶海の探偵』の見どころ

  • 舞台は「海の名探偵」イージス艦。国家規模の陰謀を巡る物語がテーマ
  • 脚本はテレビ朝日の人気ドラマ「相棒」の脚本を務める櫻井武晴。アクション性よりストーリー性を重視した作品
  • 本シリーズ以降、最新作「紺青の拳」まで毎年、興行収入記録を更新している

第18作名探偵コナン「異次元の狙撃手」

劇場版名探偵コナン異次元の狙撃手

『異次元の狙撃手』の見どころ

  • 世良真澄・沖矢昴・赤井秀一・FBIメンバーなどの人気キャラクターが劇場版初登場
  • 作品内の随所に原作・アニメを意識した隠れた演出が多数あり
  • 特にEDテーマ前の最後の台詞は原作・アニメファンを熱狂させた

第19作名探偵コナン「業火の向日葵」

劇場版名探偵コナン業火の向日葵

『業火の向日葵』の見どころ

  • 5年ぶりのキッド映画。物語のテーマはゴッホの名画「ひまわり」
  • アクションシーンを特に重視。キッドとコナンの人間離れがさらに加速
  • ポルノグラフィティが歌うEDテーマ「オー!リバル」はファンからも高評価

第20作名探偵コナン「純黒の悪夢」

劇場版名探偵コナン純黒の悪夢

『純黒の悪夢』の見どころ

  • 20周年記念作品として7年ぶりに「黒の組織」との対決がテーマ
  • 人気キャラクター、安室透が初登場。赤井秀一とのライバル対決が熱い
  • 随所に原作・アニメファン向けの演出が多数あり。

第21作名探偵コナン「から紅の恋歌」

劇場版名探偵コナンから紅の恋歌

『から紅の恋歌』の見どころ

  • 14年ぶりに服部平次と遠山和葉の関係がフィーチャーされた作品
  • 作品のテーマは百人一首。(原作者が「ちはやふる」にはまったため)
  • 倉木麻衣が歌うEDテーマ「渡月橋 ~君 想ふ~」はコナン作品で初めて紅白で披露。(本作の映像付き)

第22作名探偵コナン「ゼロの執行人」

劇場版名探偵コナンゼロの執行人

『ゼロの執行人』の見どころ

  • 人気キャラクター、安室透がフィーチャーされた初めての作品
  • 警視庁、警察庁、検察庁のそれぞれの公安の関係性がテーマ
  • ラスト15分のカーアクションは歴代屈指の好評価。

第23作名探偵コナン「紺青の拳」

劇場版名探偵コナン紺青の拳

『紺青の拳』の見どころ

  • 物語の舞台は初の海外、シンガポール
  • 4年ぶりのキッド映画。加えて劇場版シリーズ初登場の京極真との対決
  • 蘭の親友であり京極真の彼女である鈴木園子がフィーチャーされており、彼女のファンは必見の作品

初心者におすすめのパターン

コナン映画を初めて見る方におすすめの作品を紹介します。

選定基準は、

  • 前提知識が(そこまで)必要ないこと
  • 映画として起承転結がしっかりしていること。
  • ミステリーとアクションのバランスがいいこと

の3点です。

初心者におすすめのパターン
  • 【第1作】名探偵コナン「時計仕掛けの摩天楼」
  • 【第3作】名探偵コナン「世紀末の魔術師」
  • 【第4作】名探偵コナン「瞳の中の暗殺者」
  • 【第6作】名探偵コナン「ベイカー街の亡霊」

いずれも初期の作品になりました。

後期の作品になればなるほど登場キャラクター数が増え、人物の相関関係やバックボーンの理解が必要な作品が多いため、初心者の方は注意した方がいいかと思います。

※ただし理解していればより楽しめるといった類いのものですので、知識なしでみても楽しめると思います。

名探偵コナン・キャラクター登場別パターン

ここからはキャラクター毎のおすすめ映画を紹介します。

  • 江戸川コナン
  • 毛利蘭
  • 毛利小五郎

この3名はすべての映画に出演していますが、

  • 怪盗キッド
  • 服部平次・遠山和葉
  • 安室透
  • 赤井秀一

などの人気キャラクターは特定作品にしか出演していません。

キャラクター目当ての方は特に参考にしてください。

コナン(新一)と蘭の関係を描いた作品

前述の通りコナンと蘭はすべての作品に出演しています。

ただし、映画のテーマとして「コナン・蘭の関係」にフォーカスしている作品とそうでない作品があります。

「コナン・蘭の関係が好き!」という方は下記の作品をチェックしていてください。

コナン(新一)と蘭の関係を描いた作品
  • 【第1作】名探偵コナン「時計仕掛けの摩天楼」
  • 【第3作】名探偵コナン「世紀末の魔術師」
  • 【第4作】名探偵コナン「瞳の中の暗殺者」
  • 【第7作】名探偵コナン「迷宮の十字路」
  • 【第8作】名探偵コナン「銀翼の奇術師」
  • 【第9作】名探偵コナン「水平線上の陰謀」
  • 【第12作】名探偵コナン「戦慄の楽譜」
  • 【第15作】名探偵コナン「沈黙の15分」
  • 【第17作】名探偵コナン「絶海の探偵」

怪盗キッドにフィーチャーした作品

怪盗キッドはこれまで6作品に出演しています。

初期作品は登場人物に変装して出演しているケースが多くキッドの姿としては比較的出演シーンが少なかったのですが、回を重ねるにつれキッド本人としての出番が多くなっている傾向があります。

またコナンとの関係性も徐々に変化しています。その移り変わりを楽しみたい方は、公開順に見ることをおすすめします。

怪盗キッドにフィーチャーした作品
  • 【第3作】名探偵コナン「世紀末の魔術師」
  • 【第8作】名探偵コナン「銀翼の奇術師」
  • 【第10作】名探偵コナン「探偵たちの鎮魂歌」
  • 【第14作】名探偵コナン「天空の難破船」
  • 【第19作】名探偵コナン「業火の向日葵」
  • 【第23作】名探偵コナン「紺青の拳」

安室透が登場する作品

「安室の女」という流行語を生み出した安室透ですが、劇場版への出演は2本のみと多くありません。

劇場版名探偵コナンシリーズは同じテーマの作品は4・5年間隔で作成される傾向があり、第22作が安室をテーマとした作品であったため、次の登場も早くても26作目ぐらいです。

ただ、現在の出演作の2本は歴代の劇場版作品の中でもファンからの評価がとても高いためおすすめです。特に22作目は主役のコナンを食ったとまで言われる、安室ファン必見の一作です。

安室透が登場する作品
  • 【第20作】名探偵コナン「純黒の悪夢」
  • 【第22作】名探偵コナン「ゼロの執行人」

赤井秀一が登場する作品

安室のライバルである赤井秀一は人気面でも全くひけをとりません。

劇場版への出演は同じく2本です。安室にもいえることですが、かなりバックボーンが複雑なキャラクターのため視聴の前にある程度、アニメ・原作でコナンを知ってから見ることをおすすめします。

来年に公開が延期になった第24作「緋色の弾丸」のメインキャラクターにもなっていますので、劇場公開前の予習としておすすめします。

赤井秀一が登場する作品
  • 【第18作】名探偵コナン「異次元の狙撃手」
  • 【第20作】名探偵コナン「純黒の悪夢」

服部平次・遠山和葉が登場する作品

初期からの人気キャラクターである服部平次と遠山和葉ですが、およそ4年前後で劇場版に出演しています。

最もおすすめなのは第7作「迷宮の十字路」第21作「から紅の恋歌」の2作品。

この2つは平次と和葉のファンのために作られた作品といえるほど、二人の関係がフィーチャーされています。

推理ものである名探偵コナンのもう1つのテーマである「ラブコメ」が好きな方にもおすすめできる作品です。

服部平次・遠山和葉が登場する作品
  • 【第3作】名探偵コナン「世紀末の魔術師」
  • 【第7作】名探偵コナン「迷宮の十字路」
  • 【第10作】名探偵コナン「探偵たちの鎮魂歌」
  • 【第13作】名探偵コナン「漆黒の追跡者」
  • 【第14作】名探偵コナン「天空の難破船」
  • 【第21作】名探偵コナン「から紅の恋歌」

灰原哀にフィーチャーした作品

メインヒロインの蘭と同じ、もしくはそれ以上の人気キャラクターである灰原哀は劇場版名探偵コナンにも初登場の第3作以降、すべての作品に出演しています。

ただ作品の大前提は「コナン(新一)・蘭」であるため、灰原にフィーチャーした作品は1本しかないといえます。

ただすべての作品で灰原の見所があるシーンが1シーンは存在するので、ファンの方は第3作以降の全作品をご視聴ください。

灰原哀にフィーチャーした作品
  • 【第5作】名探偵コナン「天国へのカウントダウン」

テーマ別パターン

ここからはテーマ別のおすすめ映画を紹介します。

コナン映画は登場キャラクターがフィーチャーされるものとテーマに基づいて作成されるものの2つに大きく大別されます(もちろん重複することもあります)。

特に「黒の組織との対決がテーマの作品を見たい!」といった方は参考にしてください!

黒の組織との対決がテーマの作品

コナンの本筋である「黒の組織との対決」はこれまで3つが作成されています。

いずれも評価・人気ともに高い作品ですが、どうしても原作・アニメの知識が必要な点があるため初心者の方は注意が必要です。

特に第20作「純黒の悪夢」は現在進行形のRUM編と呼ばれる原作・アニメの話と関連しています。

黒の組織との対決がテーマの作品
  • 【第5作】名探偵コナン「天国へのカウントダウン」
  • 【第13作】名探偵コナン「漆黒の追跡者」
  • 【第20作】名探偵コナン「純黒の悪夢」

本格ミステリーがテーマの作品

近年のコナン作品はアクションがメインで推理要素が薄い傾向にありますが、ここでピックアップする作品は謎解き・犯人捜しがキーとなっています。

映画内の各シーンに犯人を特定するためのヒントがちりばめられていますので、誰が犯人かを予想しながら見るといったミステリー本来の楽しみ方ができるかと思います。

本格ミステリーがテーマの作品
  • 【第2作】名探偵コナン「14番目の標的」
  • 【第4作】名探偵コナン「瞳の中の暗殺者」
  • 【第9作】名探偵コナン「水平線上の陰謀」

ド派手なアクションが見どころの作品

コナンの人間離れしたアクションが度々話題になる劇場版名探偵コナンの作品の中で、特にアクション要素が強いものをピックアップしています。

アクション要素が強い作品の特徴としてコナンがターボエンジン付きスケートボードを使用していることがあげられます。

特におすすめは第22作目「ゼロの執行人」です。ラスト15分の怒濤の展開とド派手なアクションシーンは必見です。

ド派手なアクションが見どころの作品
  • 【第5作】名探偵コナン「天国へのカウントダウン」
  • 【第15作】名探偵コナン「沈黙の15分」
  • 【第16作】名探偵コナン「11人目のストライカー」
  • 【第19作】名探偵コナン「業火の向日葵」
  • 【第22作】名探偵コナン「ゼロの執行人」
  • 【第23作】名探偵コナン「紺青の拳」

まとめ

ここまで劇場版名探偵コナンのおすすめの見る順番や各作品の見どころを紹介してきました!

前述の通りどこから見ても楽しめる作品となっていますので、一人でも楽しめますし、家族やお子さんなど年代問わず楽しめるのが『名探偵コナン』の良いところです!

まだ見てない作品、もう一度見たい作品があればぜひ見てみてください!

31日以内の解約で料金一切不要

U-NEXT

名探偵コナン関連記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。