【期間限定】ディズニープラスで初月199円キャンペーン実施中!(9/20 15:59まで)

トイストーリー3・なぜボーはいない?いなくなったおもちゃのその後について

ディズニー映画の人気作品「トイストーリー3」。

魅力的なおもちゃたちが登場し、笑いも涙も盛り沢山の作品となっています。

その中で2作目まで主要キャラであった「ボーピープ」。

なぜか3作目である「トイストーリー3」では登場しません。

今回はボーがいない理由やいなくなったおもちゃについて考察していきます。

トイストーリー3・なぜボーはいない?

ポーピープがいなくなった理由については、続編である「トイストーリー4」で理由は語られます。

その前に、最後に登場したの前作の「トイストーリー2」です。

その時は続編でも登場しても全くおかしくない出演の仕方でした。

  • 壊れてしまった
  • 誰かに譲渡した

こういった経緯があれば、3作目で登場しないのは納得できます。

「トイストーリー3」では様々な噂が飛び交いました。

  • ストーリーの兼ね合いによる設定的な問題
  • モリーに捨てられた(成長したため)
  • 自ら旅に出てしまった

この3つの理由が、納得できる理由になります。

それぞれ解説していきます。

ストーリーと技術の兼ね合いによる設定的な問題

まずはストーリーの設定によって生じる問題から、ボーピープは登場しなかったという説です。

『トイ・ストーリー3』でおもちゃたちは、サニーサイド保育園に寄付され、年少組の子供たちに乱暴に扱われます。

激しいアクションシーンもあり、ボー・ピープが陶器製であることを考えると、それらのシーンを自然に見せることは難しいと判断されたというもの。

「ボーは陶器なのに、なんで耐えられるの?」

と疑問に思う人が多発することを懸念したためだと思われたからだと言われています。

モリーに捨てられた(成長したため)

ボーはウッディの仲間ですが、実際に所有しているのはアンディではありません。

妹のモリーのおもちゃとなっています。

ボーピープの意味は「いないいないばあ」の意味があり、小さい子のために作られたおもちゃであるという設定があります。

よって、モリーが成長してしまったタイミングで、捨てられてしまったという説がありました。

アンディのおもちゃが捨てられることを怖がっていたので、以前におもちゃとの別れはあったのだと推察する事ができます。

自ら旅にでてしまったから

ボーはキャラクターの性格的にも、かなりたくましいキャラクターになります。

上記のモリーが成長してしまった説も含めると、おもちゃとして自分を高めるために旅に出た、修行に出たと考えてもボーピープならあり得そうです。

外で様々な経験をして再びおもちゃとしてのあり方を見つめ直していたのではとも言われています。

もし、壊されていたりするとウッディたちが心配する、または助けるエピソードなどもないと不自然なので、特にその描写が描かれていないことから、旅に出たと考えると自然ですね。

以上が考察されていました。続編である「トイストーリー4」でボーがいなくなった理由が語られました。

トイストーリー4で明かされたボーが不在だった理由(ネタバレ)

『トイ・ストーリー4』では、ボーがいなくなった経緯が語られました。

『トイ・ストーリー3』の1年前、ボーは他の家にもらわれていった事が明らかになりました。

ボーピープはアンディの妹であるモリーの持ち物でしたが、成長し電気を消しても眠れるようになったため、ランプが必要なりました。

ボーはすでに所有者であるモリーに対するおもちゃとしての役割を全うした事がわかります。

その後いくつかの場所を転々としながら、アンティークショップで埃をかぶっていたとなっています。

上記で考察した「トイストーリー3」のその後の内容はあながち間違っていなかったですね。

トイストーリーは特に3から子供たちの成長に伴うおもちゃのあり方は語られています。

そのあたりがボーのいなくなった理由にも反映されているようですね。

いなくなったおもちゃのその後について

では、続いて今までにいなくなったおもちゃたちのその後を紹介していきます。

以下がいなくなったおもちゃになります。

 

『トイストーリー』でいなくなったおもちゃ

・ウィージー

・RC

・ロッキー・ジブラルタル

・エッチ・ア・スケッチ

・レニー

ウィージー

トイストーリー2に登場したウィージー。

ペンギンの形で歌を歌えるおもちゃです。

こちらも2までで登場しません。おそらく、誰かに譲渡された、または収納されている可能性が高いですね。詳しくは語られていません。

RC

ロッキー・ジブラルタル

RCはトイストーリー4まで登場するキャラクターです。

しかし、登場回数は少なく、冒頭シーンでしか登場しません。

その後については、冒頭シーン(9年前)の雷雨の夜、ウッディやボーと共にモリーの部屋の窓からRCを救い出したとこまでとなっています。

エッチ・ア・スケッチ

エッチアスケッチはトイストーリー2で登場しますが、3ではボー同様に登場しません。

トイストーリー3の冒頭のホームビデオに映し出されているのが最後になります。

その後については語られていませんが、おそらくウィージー同様の末路を辿っていると考察されています。

レニー

レニーも同様、収納されているまたは譲渡された可能性が高いです。

3では登場せず、トイストーリー2までになっています。

まとめ

今回はトイストーリー3・なぜボーはいない?いなくなったおもちゃのその後について考察していきました。

トイストーリー1作目から10年の月日が経過した世界になっています。

アンディたちの成長の中で、おもちゃたちの存在や価値は変化しており、そのあたりが最大の見所になっています。

ボーの活躍は4までお預けですが、3作目「トイストーリー3」ではまた違った観点で楽しめる感動作品となっています。

是非、過去作も見直しましょう!

「トイストーリー」関連記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です