【1000話放送記念】ついにワンピースのアニメが特定の動画配信サービスで全話見放題!

バサ(トランプ)のルールや遊び方は?危険な理由についても




2020年4月29日に放送された「やりすぎ都市伝説2020春」。

その中で話題を呼んだゲーム「バサ」。

危険と言われており、やってはいけないなど、まさに都市伝説的な内容となっていました。

今回は、そんなバサのルールや遊び方、危険な理由について調査しました。

バサ(トランプ)のルールや遊び方は?(やりすぎ都市伝説2020)

『麻雀や大富豪』のようなゲーム性で、アルコ&ピースさんがラジオで解説していたようです。

ルールは以下になります。

『バサ』のルール

ゲームは52枚のカードデッキでプレイされます。

プレイヤー数は2〜4人。できれば偶数の方が展開が深いと言われています。

4人用になると、チーム戦も可能。

100ポイントを獲得した方が勝者になります。

各プレイヤーに1枚ずつ、計4枚になるように配ります。

ディーラーはテーブルと呼ばれる4枚のカードをボードの中央におきます。

その4枚のうち、1枚以上がジャックである場合、ディーラーはジャックをデッキの一番下に戻し、デッキの上のカードと入れ換えます。

ディーラーの左側のから始まります。

プレイヤーはボードからカードを(フィッシュ)集めるか、カードをフィッシングできない場合はボードにカードを追加します。

カードが使い果たされた後mディーラーは残りのデッキからさらに4枚のカードを各プレイヤーに配ります。

ただし、ディーラーはオープニングハンドとは異なり、ボードを4枚カードを配りません。

配られる残りのカードがなくなるまで、ハンドがプレイされます。

エース・・・1ポイント

ジャック・・・1ポイント

クラブ・・2ポイント

ダイヤの10・・・3ポイント

特定のハンドで最も多くカードを集めたプレイヤーが3ポイント獲得できます。

同点の場合は各プレイヤーに3ポイント。

ジャックの恩恵を受けずに場にある全てのカードを集めたプレイヤーは10ポイントまたはバストラを受け取ります。

以上が英訳のルールになります。

しかし、正直わかりにくいですよね。

1人8枚の手札が配られ、山札から4枚のカードが場に置かれる。

様々な条件を元に、プレーヤーが手札のカードを駆使しながら、順番に場のカードを回収していく。(ただし、場から回収したカードは手札には加えず、自分の近くにまとめておく)

場のカードを回収できる条件の例としては、手札と場のどれかの数が一致する場合や、場なあるカードのうち2枚の合計が手札のどれかと数が一致する場合など様々あります。
もし条件が1つも当てはまらなかったら、自身の手札から1枚とって、場のカード4枚のうちどれか1つの上に置きます。
場のカードは回収されていくので、場に4枚常にあるように山札から補充していきます。

プレイヤーの手札がなくなったら山札から再度プレーヤーにカードを配り、もう一度条件が合えば場のカードを回収していきます。
山札がなくなったら終了。

勝敗は、ポイントによって決まり特定のカードを回収できている あるいは 特定の条件でカードを回収できているか等で手に入るポイントは変わります。

ポイントについて

ダイヤの10 3ポイント

クローバーの2 2ポイント

エース 1ポイント

ジャック 1ポイントこれら以外のカードにはポイントはなし。最終的に一番カードを持っていれば3ポイント獲得

場に7,2,4,5 があり、手札に9があれば7+2 , 4+5 のように合計が9になる組み合わせが二つでき、場のカード4枚すべてを一度に回収できます(これをBasraと呼ぶ)
Basra1回で5ポイント獲得
 
結果51ポイント以上に一番早く到達した人が勝ちです。

もし1回のゲームで到達している人がいなければもう一度ゲームをやり、ポイントを加算していきます。

こちらでまとめた内容が呟かれていたので、まとめました。

非常にわかりやすいですね。確認してみてください。

「バサ」の歴史

ゲームはギリシャで始まり、ディロティやクセリなどさまざまなバリエーションで展開しているようです。

「バサ」はキプロスとトルコによって、輸入され、オーストラリア、カナダ、イギリス、アメリカのキプロスのコミュニティーでプレイされたゲームになります。

第1世代の移民が子供や孫に伝えるものとなっているものの、詳しい内容については知られていません。

かなり怪しいですよね。

トルコでは現在でも非常に人気がありますが、世界中で愛されないのは、その危険なゲーム性にあると言われています。

危険な理由についても

日本でメジャーではないトランプの賭け事で射幸心をあおるギャンブル性の高いゲーム内容となっているようです。

あまりに強い中毒性から、全てを失ってもやり続けてしまうものであるとされており、広められていないものとなっているようです。

実際、ルールも文字だけではあまり危険性を感じませんが、ギャンブル性はどのカードゲームよりも強いと言われているようです。

Yahoo知恵袋でも以下のような体験談をコメントしている人がいるようです。

バサに手を出すのはやめた方がいいですよ。私も20年ほど前に傾倒していましたが、友達、家族、恋人を失ってしまいました。
今は社会復帰し一人で普通の生活ができるまでになりましたが、プライベートで人との交流は何年も取っていませんし、このゲームにより多くの人を傷付けてしまい、人と接する価値のない人間だと思っています。今後の人生は一人で生きていくつもりです。
他の人が回答してある通り中東で流行しているゲームですが、レバノンでは政府が介入し、プレイが禁止されています。興味本位で突っ込まない方がいいゲームです。

実際にプレイしたことがある人もいるようですが、夢中になりすぎて怖いという意見もあります。

ネットの声




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。