【1000話放送記念】ついにワンピースのアニメが特定の動画配信サービスで全話見放題!

名探偵コナン・京極真の絆創膏(傷)はいつから?理由についても




京極真と言えば、高校三年生にはとても見えない風貌と、侍のような古風な性格。

それなのに天然で園子に一途な一面も。怪盗キッドや世良真純にやきもちを焼いちゃうギャップもあり、コナンファンの女子から人気のあるキャラクターです。

映画版では『紺青の拳』で初めてメインのキャラクターとして登場しています。

そんな京極さんのトレードマークは左眉あたりにある絆創膏ですよね。

その絆創膏について見ていこうと思います。

京極真の絆創膏(傷)はいつから?

名探偵コナンに登場するキャラクターである「京極真」。

TV放送でも登場するキャラクターですが、上記でも述べたように、『名探偵コナン 紺青の拳』にて脚光を浴びるキャラクターの一人です。

そんな京極さんですが、絆創膏を外したところって見たことがない気がしませんか?

では、いつからしているのでしょうか?

京極さん初登場時

京極さんが初めて登場したのは以外に早く、原作コミックス22巻で、アニメでは153話でのことです。この時からすでに京極さんの額には絆創膏が貼ってありました。

園子との出会いはこのコミックス22巻『それいけ園子』でのこと。無愛想な京極さんの様子をみて怪しい人物だと思っていました。園子の第一印象はいいものではありませんでしたね。

しかし、その後凶悪犯から襲われそうになった園子を京極さんが助けます(腕にナイフをさされながら)。

京極さんと園子が付き合うきっかけとなったのもこの回のことでしたが、特に額の絆創膏には触れられていません。

その後の京極さん

園子と付き合うようになって、日本に自分以上に強い人間がいないとかで海外に武者修行に出かけています。

その後もよく園子の回想シーンに出てきたり、園子のピンチに駆けつけてきたりしていますがその度にやはり絆創膏はつけたままでした。

京極さんにとって、おでこの絆創膏はもはやトレードマークそのものとなっているようですね。

絆創膏の意味

そんな片時も外したとことを見たことがない京極さんの絆創膏。

もはや、体の一部と化した京極さんの絆創膏。

実は京極さんらしい胸キュンな理由がありました。

それが判明したのは2019年に公開された『紺青の拳(フィスト)』でのこと。

下記からネタバレになるので、ご注意ください。

紺青の拳(フィスト)のネタバレ

京極さんは自分のせいで園子が怪我をしてしまったと思い、犯人に

 

犯人
『君の拳はなんのためにある?目的を持たない不完全な拳は、危険だ。自分だけではない、周りの人々も不幸にしてしまう」

 

と言われてしまいます。

ミサンガを腕につけられ、

 

犯人
『これが切れたら、心技体が備わったと神に認められた証だが、切れる前に拳を振るえば…わかっているよね?』

 

と、心理的に追い詰められ、思うように得意の空手を使えなくなってしまいます。

そのことを知らない園子はミサンガのことも、額の絆創膏のこともはっきり教えてくれない京極さんに不安になり、

 

園子
『そんな偽りだらけの男に守られたくなんかないわ!』

 

と信じられなくなってしまいます。

しかし、最後は園子と自身の体を結びつけ、二人で敵と戦います。

園子のことをしっかりと守りきり、そこで絆創膏の秘密を打ち明けます。

実は絆創膏の裏には園子と二人で撮ったツーショットのプリクラが貼ってあったのでした。

絆創膏のことでもめた二人でしたが、その絆創膏の裏にあったプリクラで仲直りして二人の仲も深まるという展開でした。

まとめ

京極さんの絆創膏について考察してみましたが、いかがだったでしょうか?

もはや体の一部だった絆創膏にそんな意味があったなんて意外でしたね!お風呂入る時どうしてるんだろう?なんて無粋なことは言いっこなしです。

映画で京極さんがみられるのは現在『紺青の拳』だけです。(『から紅の恋歌』では回想)

京極さんと園子の関係に胸キュンする方も多いようです。ぜひ見て見てくださいね。

「名探偵コナン」関連記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。