【1000話放送記念】ついにワンピースのアニメが特定の動画配信サービスで全話見放題!

名探偵コナン・キュラソーの能力とは?ラムとの関係について考察




名探偵コナンの映画20作品目に出てくるキュラソーは映画オリジナルのキャラクターです。

作中では記憶を無くして少年探偵団と出会っています。

黒の組織のメンバーで、組織No.2と言われるラムと関係があるようです。

このキュラソーの人柄と能力が物語のみどころの一つです。

名探偵コナン・『純黒の悪夢』キュラソーの能力とは?

キュラソーは、元々は黒の組織のメンバーらしく凶暴で、乱暴な口調でしたが、記憶喪失した彼女は優しくおとなしい性格に変わっています。

少年探偵団との友情や、容姿端麗でオッドアイ、銀髪美女、ナイスなプロポーションなどといった見た目もあり人気キャラクターの一人です。

以下がキュラソーの能力です。

キュラソーの能力

  • 非常に高い記憶力
  • 驚異的な身体能力
  • ダーツの腕前

これらを、細かく見ていきましょう。

高い記憶力

キュラソーは、生まれつき脳の脳弓というところに損傷があります。

その損傷のためにふつうの人間にはない、高い記憶力があります。

膨大な量の情報は5色のカードを見る事によって必要な情報を出し入れすることができます。

『純黒の悪夢』の予告カットのカードはキュラソーのカードだったんですね。

記憶喪失になっていたキュラソーでしたが、観覧車の色を目にしたことで記憶を取り戻します。

本来、お酒のキュラソーも5色あることがコードネームの由来となっていると思われます。

記憶力は相当なもので、元太がバラバラにしてしまったオセロを一つも間違えることなく元の状態に戻しています。

驚異的な身体能力

身体能力も優れており、高層のビルから飛びおりたり、安室透・赤井秀一からの弾丸を避けたり。

記憶喪失している間でも観覧車乗り場から落下した元太を無傷で助けています。

やはり、黒の組織なだけあって普通の人間ではありませんね。

ダーツの腕前

劇中では投げた矢の全てをダブルブルに命中させていました。

ダーツは、数ミリの指先の狂いや、気の迷いがそのまま矢に出てしまいます。

その点、キュラソーの正確で繊細な身体能力、距離を捉える能力の高さが伺えます。

オッドアイが意味する能力とは?

キュラソーはオッドアイです。

オッドアイとは虹彩色異色症つまり左右の目の色が異なっていると言うことです。

キュラソーの目の色

左目:青色

右目:透明(に見える)

虹彩の色と白目の部分が同じ色

黒色のコンタクトレンズをしている。

オッドアイによって見え方が変わるなどはないようなので、能力と言うよりキュラソーの個性と捉えた方が正しいようです。

黒の組織ラムとの関係

黒の組織のラムといえば、まだ正体の分からないメンバーの一人です。

この『純黒の悪夢』ではじめて声だけですが登場しています。

ラムの特徴は以下になります。

・人物像に統一性がない・・・屈強な大男・女のような男・年老いた老人(それらすべてが影武者の可能性も) 

・片目が義眼

・『浅香』と言う人物

・丁寧な言葉遣い

・ジンよりも大物

ネット上では誰がラムなのか、何人かの候補が上がっており話題になっています。
ネットでラムの正体ではないかと言われている人物は主に次の3人です。

RUM(ラム)と疑われている3人

<若狭留美>
コナンたちの学校に赴任してきた副担任
右目が見えていない?

<黒田兵衛>
長野県警の捜査一課の課長。後に警視庁捜査一課の管理官になった。
右目を失っている。

<脇田兼則>
毛利探偵事務所の近くにある寿司屋で働いている。
左目には眼帯がつけられている。

ラムの特徴に義眼と言うワードがあるためか、キュラソー自身がラムではないかと思われる方もいるようですが、ラムとキュラソーは別人です。

キュラソーはラムの腹心であり、右腕のような存在です。

過去に組織の秘密を知ってしまい、ベルガモットに始末されそうになったキュラソーをラムが助けたようです。

まとめ

キュラソーは映画オリジナルのキャラクターのため本編で今後関わってくるとは考えにくいです。

しかし、記憶喪失になっていたとはいえ、少年探偵団と親しくなったり、映画のラストで自分を犠牲にして人を助けたり・・・黒の組織の人らしからぬ人柄で人気の高いキャラクターです。

容姿端麗、人並み外れた記憶力と身体能力。魅力的なキャラクターでしたね。

そして、この映画でついに初めて出てきたラムの正体も気になるところです。

名探偵コナンシリーズの動画が配信サービスで期間限定配信中です!!

【名探偵コナン】関連記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。