【1000話放送記念】ついにワンピースのアニメが特定の動画配信サービスで全話見放題!

たばこ生産停止でiQOS(アイコス)やBAPEはどうなる?電子たばこも中止?




たばこの生産が専門家組織によって停止の妖精が出されている事が明らかになりました。

そこで、気になるのは電子タバコであり、iQOS(アイコス)やBAPEがどうなるのか気になる人が多いようです。

今回は電子タバコも停止になるのか、調査しました。

たばこ生産停止でiQOS(アイコス)やBAPEはどうなる?

[ロンドン 6日 ロイター] – 呼吸器系および肺の専門家や医療関係者などからなる国際的な組織である国際結核肺疾患連合は6日、新型コロナウイルスのリスク低減に向け、喫煙者に禁煙を求めるとともに、たばこ会社に製品の製造と販売の停止を呼び掛けた。

同連合の公衆衛生専門家Gan Quan医師は声明で「新型コロナウイルスに対抗する最善策は、たばこ業界が直ちにたばこの生産とマーケティング、販売を停止することだ」と述べた。

連合は、新型コロナウイルスの影響が世界13億人の喫煙者に及ぼす影響を「深く憂慮している」とし、特に医療システムが既に過剰な負担を受けている貧困国における影響に言及した。

喫煙は免疫系を弱め、感染への効果的な対応をしにくくすることが分かっている。喫煙者はまた、既に肺疾患を患うほか、肺の機能が落ちている場合があるため、深刻な疾病へのリスクが高まる。

Quan氏は、世界各国政府は喫煙者に禁煙するよう勧告する「道徳的要請」を行うべきだと訴えた。その上で「今こそ禁煙に適した時はない」と強調した。

連合の声明によると、中国などで行われた新型コロナウイルス患者の予備的研究で、喫煙者は感染するとより深刻な疾病や合併症にかかりやすいことが確認された。また米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンで2月に発表された研究結果では、患者1000人強のうち、人工呼吸器を必要とし、集中治療室に収容され、また死亡した人の25%以上が、現在と以前の喫煙者だったことが示された。

世界保健機関(WHO)と欧州疾病予防管理センターも、喫煙は新型コロナウイルスによる重篤な合併症のリスクにさらすと警告している。

引用元:ロイター

現在、要請をした段階なので、明確に停止したわけではありません。

迷惑な副流煙などが理由ではなく、今回の感染症を受けて健康増進の一部として考えられた施作の一つになると思われます。

よって、フォーカスすべきは「健康面」の配慮による、生産中止になるという所です。

iQOSについては、有害物質を大幅にカットしているものの、身体に全く影響がないことはないので、一緒に生産停止、または徐々に縮小の流れを取る可能性がもっとも高いのではないでしょうか。

新発売のアイコスについては広告が本日配信されていたようです。

まだ明確でないにしろ、紙巻きたばこの生産停止がさきにやってくるのではないでしょうか。

もしくは、全くタバコの成分を含まないもののみの販売にいずれはなるかもしれません。

生産元会社はかなり痛手となるため、”新たなたばこ”の開発に動いてるかもしれませんね。

電子たばこも中止?

各社、電子タバコは現在も多数販売されています。

販売中の電子タバコ

「アイコス」(約300〜350℃)

「グロー・センス」を除く「グロー」(約240℃※「グロー・プロ」のブーストモードでは約280℃)

「プルーム・エス」(約200℃)

「プルーム・テック」(約30℃)、「プルーム・テック・プラス」(約40℃)

「グロー・センス」(温度非公表)

他の海外製なども数多く販売されています。

少しずつ拡大しているため、これからの電子タバコが廃盤になるのは考えにくいです。

何かしらの改良を加え新たな物として再販するかもしれませんね。

いずれにせよ、すぐにすぐ生産停止になることはありません。

今後、徐々に形態を変化していくと思います。追加除法あれば追記していきます。

ネットの声




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。