【期間限定】ディズニープラスで初月199円キャンペーン実施中!(9/20 15:59まで)

思い出のマーニー・十一(といち)おじさんの正体は何者?花売り少年なのかについても

思い出のマーニーに登場する謎のおじさん「十一(といち)」。

登場回数は少ないものの、その正体について気になる人も多いキャラクターです。

今回はそんな「十一」の正体は何者なのか、また花売りの少年との関係も囁かれているため考察していきます。

>>Netflixでジブリ作品を見る裏技

思い出のマーニー・十一(といち)おじさんの正体は何者?

来週は
🌸🌸春休み2週連続 #スタジオジブリ 第2夜🌸🌸
#思い出のマーニー

アカデミー賞ノミネート🏆
2人の少女の不思議な友情と、新たな旅立ちを描く
新生活の季節の今こそ見てほしい、優しい気持ちになれる物語です☺️ pic.twitter.com/oj6FdzNyFf

— アンク@金曜ロードSHOW!公式 (@kinro_ntv) March 27, 2020

“だんまり十一(といち)”の生みの親は作画監督の安藤雅司さんでした。実は当初、十一にももっとセリフがあって、「潮の満ち引きに気いつけな」など、杏奈さんを思いやるセリフを言うシーンもあったそうですが、“優しい”言葉をかけてくれる大人は杏奈さん
→続く #思い出のマーニー pic.twitter.com/Q8nsaqPNTG

— アンク@金曜ロードSHOW!公式 (@kinro_ntv) July 14, 2017

プレ男
途中で登場する髭モジャモジャで緑の帽子を被ったおじさんが気になるんだけど・・・。

プレ子
だんまり十一(といち)の事ね。マーニーの中でも実は重要な人物なのよ。

プレ男
一回見ただけじゃわからなかったよ。。。

プレ子
細かい描写から正体を考察する事ができるのよ。解説していくわ。

十一(といち)は主人公・杏奈が訪れた田舎で登場するおじさんです。

白いひげを蓄えた老人であり、一見いかつい男性です。

口数が非常に少なく、10年に一度しか喋らないと噂されている謎多き人物です。別名”だんまり十一”とも言われています。

その性格から親しい友人は少なく、近所の子供たちからもからかわれています。

満潮になり湿っ地屋敷で立ち往生していた杏奈を見つけ、ボートで岸まで乗せていってくれました。

マーニーのことも知っており、彼女を「青い窓に閉じ込められたかわいそうな少女」と言っておりマーニーのいた時代にも関わりがあることを示唆しています。

心を閉ざしている杏奈が、何も気にせずに存在としても描かれています。

杏奈と2人でボートに乗って過ごしている光景もありました。

そんな、十一の正体は本作に登場する「マーニーの日記(6月11日)」に記されている人物ではないかと言われています。

「『思い出のマーニー』のボート漕ぎのおっさんは結局何物だったんだ?」と疑問に感じてる人は、マーニーの日記の6月11日のこちらの記述をごらんください。 pic.twitter.com/QzvYyKjjKt

— 絶望の果てに希望を見つけ太郎 (@tyo_heiki) October 9, 2015

マーニーの日記(6月11日)の記述内容

6月11日

この闇の村の子たちがまた窓の下のところまで来ている。

みんなで小さな男の子をからかっていた。

その子が泣き出したので一人の子がお菓子をあげたら、泣きやんで食べた。

でも、その子がお菓子の袋まで食べてしまったので、みんなはまたからかいはじめた。

その子は全然いいかえさないの。

なんだかとてもかわいそうだった。

この日記に記載されている、「小さな男の子」が「十一」ではないかと言われています。

現在の十一に共通する点は、

  • 全然言い返さない
  • 子供たちにからかわれる

この2点から十一の可能性が非常に高いと思われます。

また、マーニーの事を「青い窓に閉じ込められたかわいそうな少女」と言っている点からも納得できます。

マーニーと同様に外界と別離していたことや、十一が人たちから疎外されること、杏奈が溶け込めないこと、それぞれが重なっていると思うと、また違った見方ができます。

一方で別の説もあります。

>>Netflixでジブリ作品を見る裏技

花売り少年なのかについても

最後に勝手な考察です。
十一はマーニーの日記に出てきた花売り少年?
以上「思い出のマーニー」の感想でした。

— シロクロ (@HicoukiNore32) May 19, 2015

思い出のマーニー ネタバレあり 決定的な描写はなかったと思いますが、ひょっとして十一は実際にパーティーでマーニーと踊った花売りの少年でしょうか? http://t.co/8hevZok9Jj

— ワンピースネタバレ741画像予測まとめ (@dowydoqaxovy) August 4, 2014

ネタバレ注意

完全に勝手な根拠のない想像だけど、マーニーと実際に踊った花売りの子は十一さんなんじゃね?#思い出のマーニー

— エビガン錠 (@snake_braker) July 27, 2014

十一の正体は「花売りの少年」ではないかという説です。

マー二が花売りと一緒にダンスしたことを杏奈に話しています。

最後にマーニーとダンスを踊るシーンがありますが、一緒に踊っている相手の顔までは見る事ができません。

この相手の人物が幼少期の十一ではないかという説です。

村に住み続ける理由やマーニーに助けてもらった過去(日記の内容が確かであれば)全てをひっくるめて「十一」以外考えられないと思います。

今作において、十一は重要な立ち位置に存在しており、マーニー・杏奈を体現している数少ない大人の一人である事がわかりますね。

十一の名前の由来は?原作の名は?(ワンタメニー・One too meny)

十一(といち)は十一番目の子だからこの名前になりました。原作でも11番目の子で、”One too many”(10人と1人余分な子)を捩った「ワンタメニー」という名前でした。#思い出のマーニー #金曜ロードショー pic.twitter.com/bPcrEdVX83

— キャッスル (@castle_gtm) July 14, 2017

補足になりますが、十一の名前の由来もわかっています。

原作に登場する十一は名前が異なります。

スタジオジブリ・アニメ版原作
十一(といち)ワンタメニー(One too many・10人と1人余分な子)

となっています。

名前の由来は、11人兄弟の末っ子だからという理由。

まさに原作版での「ワンタメニー」の意味を考えると、上記で紹介した十一の正体そのものに感じます。

名前の由来からも納得できますね。

プレ男
十一おじさんの正体がわかったよ!めちゃくちゃ重要な人物だったんだね。

プレ子
スタジオジブリ作品の細かい設定は一回じゃわからないわ。だから面白いのよ。

プレ男
なるほど。もう一回見てみよう。

まとめ

今回は思い出のマーニー・十一(といち)おじさんの正体は何者なのか、花売り少年なのかについても考察していきました。

単なるサブキャラクターではなく、しっかり意味を持った登場人物になります。

スタジオジブリ作品では、一人一人のキャラクターに深い意味があり、作品の深みや伝えたい事を表現してくれています。

だからこそ世界的にも評価される理由はここにあると思います。

是非、背景を理解した上で「思い出のマーニー」を見返すと更に楽しめると思います!是非、選考にしてみてくださいね!

>>Netflixでジブリ作品を見る裏技

「思い出のマーニー」関連記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です