【期間限定】ディズニープラスで初月199円キャンペーン実施中!(9/20 15:59まで)

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の年齢制限は?対象年齢や子供でも見れるのかについても

水城せとなさん原作の漫画作品『窮鼠はチーズの夢を見る』の実写映画が6月5日に公開されます。

BL作品となっており、大倉忠義さんと成田凌さんが演じる事で話題となっています。

今回はそんな映画版の年齢制限や子供でも見ることができるのか考察していきます。

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の年齢制限は?

映画「窮鼠はチーズの夢を見る」の年齢制限については、公式HPでも明記されていませんでした。

しかし、内容的にもR指定な部分が多い作品であり、ストーリー的にもなくてはならない作品となっています。

BL作品の中でかなり性的描写がかなり激しく、あまり馴染みがない人は衝撃を受けるレベルになります。

しかし、実写版の公開されることで、若い層への漫画購入が増える事を懸念したことで、電子版は修正されて、書店に並ぶコミックスは今後、増刷されるものは修正されたものになるようです。

その修正された内容でからも、「R15+」での公開となると明記されていました

当初想定されていたよりもずっと若い年齢層の読者さんが購入してくださる可能性もあり、映画がR15指定のため、映画を見られない年齢の方が、そのかわりにコミックスを手に取ってくださるというケースも想定されます。

引用元:ミズシログ

詳しい内容などはこちらの原作者のブログにて記載されています。

では、「R15+」はどのくらいの内容になるのでしょうか?

R指定の定義

G…年齢を問わず、どなたでもご覧いただけます。

PG12…12歳未満の方は、保護者の助言・指導が必要。性・暴力・残酷・麻薬などの描写や、未成年役の飲酒・たばこ・自動車運転、ホラー映画

R15+…15歳以上の方がご覧いただけます。PG12より刺激が強いものに加え、いじめ描写や暴力

R18+…18歳以上の方がご覧いただけます。R15+に加え、著しく性的感情を刺激する行動描写や著しく反社会的な行動や行為、麻薬・覚醒剤の使用を賛美するなど極めて刺激の強い表現

修正前の原作の場合完全に、R18+だと思います。

よって、原作よりもかなり性的描写を修正した状態で、R15+でまで引き下げたのだと思います。

対象年齢や子供でも見れるのかについても

子供でも見れるのかという点に関しては年齢制限で考えれば15歳以上であれば問題ありません。

BL作品に抵抗がある人や、初めての人は実写映画でもかなり衝撃を受けるため、予習などをしてから劇場へ足を運ぶ方が良いですね。

対象年齢としては、20代後半〜40代までの女性に高い評価を受けている作品になります。

この対象も実写映画でも同様だと思われます。

また、大倉忠義さんと成田凌さんのファンであれば、見に行きたいと思う人も多いのではないでしょうか。

ファンならばサービス的なショットが多く見れると思います。

ただ、内容としてはかなり深いストーリーなので、おすすめです。多くの人に見てもらいたい作品ですね。

まとめ

今回は、映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の年齢制限・対象年齢や子供でも見れるのかについて考察していきました。

できれば、原作そのままの方がよりドロドロした感じなどを伝え切れると思いますが、倫理上、難しいですね。

「R15+」でどこまで責めるのか気になるところではあります。

大倉忠義さんと成田凌さんはこの映画をキッカケに役者として、更に幅広い場面で活躍するのではないかと思われます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です