【期間限定】ディズニープラスで初月199円キャンペーン実施中!(9/20 15:59まで)

NICO Touches the Walls(NICO)の解散・活動終了の理由や原因は何?今後の活動についても

人気ロックバンドNICO Touches the Walls(以降NICO)が解散した事が発表されました。

活動休止ではなく、解散となりファンならず衝撃を受けています。主題歌など人気を白していたので、解散理由について謎を呼んでいます。

今回は解散理由や今後の活動について調査してきました。

NICO Touches the Walls(NICO)の解散・活動終了の理由や原因は何?休止ではない意味も

NICO Touches the Wallsが活動を終了することが発表された。

メンバーはオフィシャルサイトにて連名でコメントを発表。「15年という時間、そして作り上げてきた作品たちは、僕らにとって何にも代え難い宝物です。しかしミュージシャンとして、そしてそれぞれひとりの人間として、NICO Touches the Wallsという空間を飛び出し、新たな景色を見に行きたい気持ちが強くなりました」と活動終了の理由を明かし、「さあ。『壁』はなくなった! 一度きりの人生、どこまでも行くよ!」という言葉をもってメッセージを締めくくっている。

NICO Touches the Wallsは、2004年4月に光村龍哉(Vo, G)、古村大介(G)、坂倉心悟(B)の3人で結成され、同年7月に対馬祥太郎(Dr)が加入。2007年11月にミニアルバム「How are you?」でメジャーデビューを果たし、2010年3月には初の東京・日本武道館ワンマンライブを開催した。今年6月にはオリジナルアルバム「QUIZMASTER」をリリースした。

■ NICO Touches the Walls コメント
このたび、僕たち4人はNICO Touches the Wallsを終了することにいたしました。

15年という時間、そして作り上げてきた作品たちは、僕らにとって何にも代え難い宝物です。

しかしミュージシャンとして、そしてそれぞれひとりの人間として、NICO Touches the Wallsという空間を飛び出し、新たな景色を見に行きたい気持ちが強くなりました。

15年間色々な場所から僕らを支えてくれたすべての方々に感謝いたします。あなたの応援があったからこそNICO Touches the Wallsを続けていくことができました。本当にありがとうございました。

さあ。
「壁」はなくなった!
一度きりの人生、どこまでも行くよ!

NICO Touches the Walls
光村龍哉、古村大介、坂倉心悟、対馬祥太郎

引用元:Yahoo!ニュース

15年の活動に終止符を打ったNICO。

アニメ主題歌やフェスなど、バンド界においてはすでに中堅どころで支えるグループであった事に間違いありませんでした。

ただ、メガヒットを叩き出すほどの曲を世に送り出しておらず、最も売れた楽曲も本人たちの制作でなく、有名アーティスト・亀田誠司などが手掛けるなど、NICOのメンバー自身で伸び悩んでいたのはここ数年でみて取れてと思います。

ネット上でも同様の意見の人が多数いました。公表された「壁」はここだと思われます。

それでも、根強いファンが多い中の活動でバンドとしての伸び代に限界の感じたゆえこの結果に至ったのではないでしょうか。メンバー同士も年月を掛けて、期限や目標を定めていた可能性も高いと思います。

活動休止ではなく、解散のケースは近年まれにみるケースなので、それほど熟考した事がわかりますね。

主な原因は今後の活動の不安が多かったのではないでしょうか。厳しい音楽業界を感じる悲報ですね。

今後の活動について

今後の活動に関しては、バンド単位ではなく個人それぞれで活動していく事が予想されます。

もちろん4人全員がまだまだ広く活動幅を広げていくのだと思います。音楽からは離れない可能性が非常に高いと予想されます。

また、それぞれのメンバーが作詞作曲など主体となって活動できるスキルを有しているため、個人名義、または別バンドの結成などもあり得るかもしれません。

それでも、ラストツアーなどもなく、もうNICOを見る事ができないと思うと非常に残念ですね。

ネットの声まとめ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です