5/23(木)公開直前イベントレポート

 
5月23日(木)に公開直前イベントを開催し、玉森裕太さんと吉岡里帆さん、そしてスペシャルゲストMCとしてハリセンボンさんが登壇しました。
 
総勢200名の観客が見守る中、本作のテーマでもある「真実の世界はどっちだ?」にかけて、玉森さんvs吉岡さんで観客参加型のものから体を張るものまで、全部で4番勝負を実施!クイズに正解するとポイントが与えられ、合計得点が高かった方の勝利となります。
対決への意気込みを聞かれた玉森さんは「今日はガチのクイズ対決ですよね。このためにコンディションを整えてきました」とやる気満々。それを受けて吉岡さんも「玉森さんがガチとおっしゃるので、わたしも本気で向かいたいと思います」と宣言しました。
 
最初のクイズは観客の答えを予想する「多いのはどっちだ?数当てクイズ」。「もし自分が好きな人と、親友が好きな人が同じだったら、恋人と親友、どちらを選ぶか?」という問題が出題され、親友と恋人、どちらを取る人が多いと思うかを聞かれた玉森さんは「恋人を取る人の方が多いんじゃないかな…。自分だったらもちろん親友をとる、と言いたいけど、実際経験してみないとわからないですね」と複雑な心境を吐露しました。対して、吉岡さんは「女の友情をナメてもらっては困ります!」と親友を取る人が多いと予想。大勢の観客もどちらを取るのか迷った様子で、答えは拮抗!「恋人をとる」人が僅差で多い結果となり、玉森さんがポイントを獲得しました。
 
続いてのクイズは「箱の中身はなんだ?!」クイズ。中身はなんと、「このイベント、容赦ないですね」とハリセンボンも驚いたうなぎ!
観客とハリセンボンのリアクションに戦々恐々の2人は箱に手を入れ、吉岡さんは絶叫、玉森さんは吉岡さんの絶叫に驚くあまり、まったく箱の中身に手を触れられないままタイムアップとなってしまうハプニングが!玉森さんはボーナスタイムをゲットしてなんとか中身に触れたものの、普段のクールな様子からは想像もできない叫び声をあげる一面を見せ、会場は大盛り上がり。今回はしっかりとうなぎを触った吉岡さんに軍配が上がりました。

 
次のクイズは「ガマンしてるのはどっちだ?!クイズ」。玉森さんと吉岡さんに1人は激痛、もう1人には普通に足つぼマッサージを受けてもらい、どちらが我慢しているかを観客に当ててもらいます。観客が見守る中、最初はにこにこしていた2人ですが、次第に玉森さんが奇妙な笑い声をあげ始め、会場全員がその異変に気付いた様子。会場はほぼ満場一致で、玉森さんのパネルを上げ、こちらも吉岡さんの勝利となりました。
 
すべてのクイズが終了し、結果は玉森さんが2ポイント、吉岡さんが3ポイントを獲得して対決は吉岡さんの逆転勝利!
玉森さんは「強かったですね〜吉岡さん」と燃え尽きた様子だが、「うなぎもうちょっとちゃんと触ってたらいけたんじゃない?」と春菜さんにツッコミを入れられ、会場からは笑いが起きました。
 
最後に、一足先に映画を見たというハリセンボン春菜さんが「最初は素敵なラブストーリーが始まったと思うと、どんどんミステリアスな世界に引き込まれていきました。それと同時に二人の顔色がすごく悪くなる、俳優さんってすごいですよね」と感想を語ると、はるかさんも「何が起きているか本当にわからない…混乱を楽しむ作品です!」とコメント。
吉岡さんも「東野圭吾さん原作の映像化不可能と言われていたミステリー小説がついに映画化に成功しました。本当にみなさんにはパラレルワールドの世界に入り込んでいただいて、一緒に頭フル回転で、真実はどこにあるんだと追いかけて欲しいと思います」、玉森さんは「2つの世界がどんどん入れ替わっていくので、映画で一緒に謎を解いていただければと思います。2回、3回と楽しんでいただける映画になっているのでぜひ楽しみにしていてください」と本作をアピールし、イベントは大盛り上がりのまま幕を閉じました。
 

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』公開記念!
2つの豪華イベント開催決定のお知らせ

いよいよ5/31(金)より全国公開となる『パラレルワールド・ラブストーリー』。
公開を記念して2つの豪華イベントの開催が決定!この機会に是非ご参加ください。

<1>6/1(土)公開記念舞台挨拶

≪概要≫
■ 会場:丸の内ピカデリー1(東京・有楽町)
■ 日時:6月1日(土) 8:25回(上映終了後、舞台挨拶)
■ 登壇者:(予定・敬称略)
 玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太、森義隆監督
■ 料金:2,000円(税込み)別途手数料あり
■ 販売方法は、こちらよりご確認ください。

<2>6/2(日)頭フル回転!ネタバレありの謎解きトーク&全国ライブビューイング

謎解きミステリーである本作は、森義隆監督が「見終わった後に誰かと語り合いたくなり、もう一回見たくなる作品を目指した」と言う通り、【何度観ても楽しめる映画】です。
このトークイベントでは、主演の玉森裕太さん・森義隆監督と一緒に映画の【謎】を解き、違った視点でもう一度映画を楽しむためのポイントを、本編ご鑑賞後にネタバレありでお話しいただきます。
さらに本イベントは、全国の映画館へライブビューイング生中継いたします。
 
≪本会場概要≫
■ 本会場:丸の内ピカデリー1(東京・有楽町)
■ 日時:6月2日(日) 9:30回(上映終了後、トークイベント)
■ 登壇者(予定・敬称略)
 玉森裕太、森義隆監督
■ 料金:2,000円(税込み)別途手数料あり
■ 販売方法は、こちらよりご確認ください。
 
≪ライブビューイング実施概要≫
■ 日時:6月2日(日) 9:20回(上映終了後、トークイベント)
 ※ライブビューイング実施劇場にキャスト・スタッフ登壇の予定はございません。
 ※劇場により上映開始時間が多少前後する場合がございます。
 ※本会場/丸の内ピカデリー 9:30回上映後の中継

■ ライブビューイング実施劇場
実施劇場は、上映劇場ページにてお知らせいたします。

■ ライブビューイングチケット販売日・購入方法
販売スケジュール:5/14(火)24:00(=5/15(水)00:00)以降順次販売
入場料金:劇場設定通常料金
※その他詳細につきましては、各劇場ホームページをご確認下さい。
 
≪ライブビューイング注意事項≫
※前売券、ムビチケカードもご利用いただけます。各種割引サービスの適用は各劇場に準拠します。
※特別興行につき、各種招待券等”無料”でのご鑑賞は頂けません。
※先着販売となりますため、規定枚数に達し次第販売を終了させて頂きます。
※イベントの予定は、急遽変更になる場合がございます。予めご了承下さい。
※映画鑑賞の妨げになりますので、上映途中での入退場はご遠慮ください。
※全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。
※転売・転用目的の購入は固くお断り致します。
※場内でのカメラ(携帯カメラを含む)、ビデオによる撮影・録音等は固くお断りいたします。
※お電話でのご予約は承っておりません。
※いかなる事情が生じましても、ご購入後の座席変更、キャンセル、払い戻しは承っておりません。

6/1(土)公開記念舞台挨拶 開催決定!

6/1(土)に公開記念舞台挨拶の開催が決定しました!この機会に是非ご参加ください。
 
≪概要≫
■ 会場: 丸の内ピカデリー1(東京・有楽町)
■ 日時: 6月1日(土) 8:25回(上映終了後、舞台挨拶)
■ 登壇者:(予定・敬称略)
 玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太、森義隆監督
■ 料金:2,000円(税込み)別途手数料あり
 
【チケット購入方法】
◆◆ローソンチケット先行(抽選)
こちらはプレイガイドの無料会員限定での受付となります。(システム:ローソンチケット)
※こちらの受付は先着ではなく、期間中に申し込んで頂いたお客様の中から抽選となります。

エントリー期間:5/18(土)12:00~5/20(月)23:59
当落確認:5/23(木)15:00~
受付方法:PC/スマホにて ≪URL:https://l-tike.com/paralove/≫(PC/スマホ)
決済方法:店頭決済・クレジットカード決済
引取方法:店頭引取(全国のローソン・ミニストップ)
枚数制限:1申込み4枚まで 
手数料:594円(先行サービス料270円、システム利用料216円、発券手数料108円)
 
◆◆一般発売(先着)
こちらはプレイガイド会員登録不要の一般受付となります。(システム:ローソンチケット)
受付期間:5/28(火)12:00~  ※但し、限定数の販売ですので、無くなり次第終了となります。
受付方法:PC/スマホにて ≪URL:https://l-tike.com/paralove/≫(PC/スマホ)
     全国のローソン・ミニストップ店内Loppi
決済方法:店頭決済(レジにてクレジットカードも使用可能です。)
     WEB予約は、クレジットカード決済・キャリア決済
引取方法:店頭引取(全国のローソン・ミニストップ)
枚数制限:4枚まで 
手数料:WEB予約324円(システム利用料216円、発券手数料108円)
    Loppi購入 発券手数料108円のみ
 
≪注意事項≫
・いかなる場合においても途中入場はお断りさせて頂きますので、予めご了承ください。
・登壇者は予告なく変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

・前売券・ムビチケカードからのお引換はいたしかねますのでご注意ください。
・お席はお選びいただけません。
・ご購入の際は各種手数料がかかります。詳しくは、購入の際ご確認ください。
・場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。当日は荷物検査を行わせていただく場合がございます。
・転売目的でのご購入は、固くお断り致します。
・いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。
・全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。
・舞台挨拶は、都合により予告なく変更になる場合がございます。
・会場内ではマスコミ各社の取材による撮影、弊社記録撮影が行われ、テレビ・雑誌・ホームページ等にて、放映・掲載される場合がございます。
・イベントの模様が後日 販売されるDVD商品等に収録される場合があります。あらかじめご了承ください。
・お客様のこの催事における個人情報(肖像権)は、このイベントに入場されたことにより、上記に使用されるということにご同意頂けたものとさせて頂きます。
・チケット券面に購入者氏名が印字されます。また、本人確認や身分証の提示をお願いする場合がございます。
・運営の都合により、会場への入場やトイレのご利用を制限させていただく場合がございます。
・登壇ゲスト等へのプレゼントは受け取れません。予めご了承下さい。
・お荷物のお預かりはできません。

6/2(日)頭フル回転!ネタバレありの謎解きトーク&全国ライブビューイング 開催決定!

謎解きミステリーである本作は、森義隆監督が「見終わった後に誰かと語り合いたくなり、もう一回見たくなる作品を目指した」と言う通り、【何度観ても楽しめる映画】です。
このトークイベントでは、主演の玉森裕太さん・森義隆監督と一緒に映画の【謎】を解き、違った視点でもう一度映画を楽しむためのポイントを、映画鑑賞後にネタバレありでお話しいただきます。
さらに本イベントは、全国の映画館へライブビューイング生中継いたします。
 
≪本会場概要≫
■ 本会場:丸の内ピカデリー1(東京・有楽町)
■ 日時: 6月2日(日) 9:30回(上映終了後、トークイベント)
■ 登壇者(予定・敬称略)
 玉森裕太、森義隆監督
■ 料金:2,000円(税込み)別途手数料あり
 
【チケット購入方法】 
◆◆ローソンチケット先行(抽選)
こちらはプレイガイドの無料会員限定での受付となります。(システム:ローソンチケット)
※こちらの受付は先着ではなく、期間中に申し込んで頂いたお客様の中から抽選となります。

エントリー期間:5/18(土)12:00~5/20(月)23:59
当落確認:5/23(木)15:00~
受付方法:PC/スマホにて ≪URL:https://l-tike.com/paralove/≫(PC/スマホ)
決済方法:店頭決済・クレジットカード決済
引取方法:店頭引取(全国のローソン・ミニストップ)
枚数制限:1申込み4枚まで 
手数料:594円(先行サービス料270円、システム利用料216円、発券手数料108円)
 
◆◆一般発売(先着)
こちらはプレイガイド会員登録不要の一般受付となります。(システム:ローソンチケット)

受付期間:5/28(火)12:00~  ※但し、限定数の販売ですので、無くなり次第終了となります。
受付方法:PC/スマホにて ≪URL:https://l-tike.com/paralove/≫(PC/スマホ)
     全国のローソン・ミニストップ店内Loppi
決済方法:店頭決済(レジにてクレジットカードも使用可能です。)
     WEB予約は、クレジットカード決済・キャリア決済
引取方法:店頭引取(全国のローソン・ミニストップ)
枚数制限:4枚まで 
手数料:WEB予約324円(システム利用料216円、発券手数料108円)
    Loppi購入 発券手数料108円のみ
 
≪注意事項≫
・いかなる場合においても途中入場はお断りさせて頂きますので、予めご了承ください。
・登壇者は予告なく変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

・前売券・ムビチケカードからのお引換はいたしかねますのでご注意ください。
・お席はお選びいただけません。
・ご購入の際は各種手数料がかかります。詳しくは、購入の際ご確認ください。
・場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。当日は荷物検査を行わせていただく場合がございます。
・転売目的でのご購入は、固くお断り致します。
・いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。
・全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。
・舞台挨拶は、都合により予告なく変更になる場合がございます。
・会場内ではマスコミ各社の取材による撮影、弊社記録撮影が行われ、テレビ・雑誌・ホームページ等にて、放映・掲載される場合がございます。
・イベントの模様が後日 販売されるDVD商品等に収録される場合があります。あらかじめご了承ください。
・お客様のこの催事における個人情報(肖像権)は、このイベントに入場されたことにより、上記に使用されるということにご同意頂けたものとさせて頂きます。
・チケット券面に購入者氏名が印字されます。また、本人確認や身分証の提示をお願いする場合がございます。
・運営の都合により、会場への入場やトイレのご利用を制限させていただく場合がございます。
・登壇ゲスト等へのプレゼントは受け取れません。予めご了承下さい。
・お荷物のお預かりはできません。
 

≪ライブビューイング実施概要≫
■ 日時: 6月2日(日) 9:20回(上映終了後、トークイベント)
※ライブビューイング実施劇場にキャスト・スタッフ登壇の予定はございません。
※劇場により上映開始時間が多少前後する場合がございます。
※本会場/丸の内ピカデリー 9:30回上映後の中継

■ ライブビューイング実施劇場
実施劇場は、上映劇場ページにてお知らせいたします。

■ライブビューイングチケット販売日・購入方法
販売スケジュール:5/14(火)24:00(=5/15(水)00:00)以降順次販売
入場料金:劇場設定通常料金
※その他詳細につきましては、各劇場ホームページをご確認下さい。
 
≪ライブビューイング注意事項≫
※前売券、ムビチケカードもご利用いただけます。各種割引サービスの適用は各劇場に準拠します。
※特別興行につき、各種招待券等”無料”でのご鑑賞は頂けません。
※先着販売となりますため、規定枚数に達し次第販売を終了させて頂きます。
※イベントの予定は、急遽変更になる場合がございます。予めご了承下さい。
※映画鑑賞の妨げになりますので、上映途中での入退場はご遠慮ください。
※全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。
※転売・転用目的の購入は固くお断り致します。
※場内でのカメラ(携帯カメラを含む)、ビデオによる撮影・録音等は固くお断りいたします。
※お電話でのご予約は承っておりません。
※いかなる事情が生じましても、ご購入後の座席変更、キャンセル、払い戻しは承っておりません。

5月23日(木)公開直前イベント 開催決定!

この度、5月23日(木)に映画『パラレルワールド・ラブストーリー』公開直前イベントの開催が決定しました!

そして本イベントに、公式HPから20組40名様をご招待!
皆さまぜひ、ご参加ください!
 

<公開直前イベント詳細>
日時:5月23日(木) 夕刻
場所:都内某所
登壇者:玉森裕太、吉岡里帆(敬称略/予定)

イベントの応募はこちら

【リアル謎解きゲーム】イベント開催決定!!

この度、映画の公開を記念して、今週末の4月27日(土)より参加型謎解きイベント【パラレルワールド・ラブストーリー×リアル謎解きゲーム】の開催が決定しました!

このゲームは、映画公式サイト内にある特設ページにあるWEB上の謎解き問題と、実際のリアルな場所に行って謎を解く参加型イベントです。東京都内いくつかのエリアを電車・バスを使って移動しながら、サイトに提示された【写真】と実際の場所の【現実】との違いを探し、謎解きに挑戦していきます。必要なのはスマートフォンとあなたの頭脳!「パラレルワールド・ラブストーリー」の世界観とリンクする本イベントに参加することで、映画鑑賞の際にはさらに没入できる新感覚の体験が味わえます。
謎を解いた方全員にデジタルクリア認定証をプレゼントする他、抽選で100名様に映画オリジナルグッズ(非売品)が当たります。

GWの大型連休から、ぜひ本イベントに挑戦ください!
 

★『パラレルワールド・ラブストーリー』×リアル謎解きゲーム
開催期間:4月27日(土)~6/30(日)
参加費:無料(※移動にかかる交通費は参加者負担)
所要時間:1~2時間
特設サイト:parallelworld-lovestory.jp/cp_nazo/
*4/27(土)0:00オープン

4/16(火)完成披露 レッドカーペット&舞台挨拶レポート

 

4月16日(火)、本作の完成を記念してレッドカーペットセレモニーならびに完成披露試写会が開催されました!主演の玉森裕太さん、吉岡里帆さん、染谷将太さん、筒井道隆さん、美村里江さん、清水尋也さん、石田ニコルさん、田口トモロヲさん、森義隆監督が初めて勢揃いしました。

レッドカーペットセレモニーでは、多くのファンが詰めかけた会場で幕が降りるとともに玉森さん、吉岡さん、染谷さんたちキャスト・監督が登場すると、大きな歓声と拍手に包まれました。ステージから順番にレッドカーペットに降り立つと、あまりの至近距離にファンからは悲鳴にも似た歓声があがり、会場のボルテージはマックスに!“自撮りは苦手”という玉森さんがカメラを構え、共演者や監督、ファンのみんなと自撮りに挑戦する一幕も。

 

映画館で行われた舞台挨拶では、お披露目となる映画を楽しみに来場したお客様のみならず、マスコミ席も超満員でスタート。玉森さんは、パラレルワールドを行き来する崇史の役作りについて「自分には経験のないことで、役作りも苦労しましたが、監督からいっぱいアドバイスをいただいて現場に挑みました」と大きな覚悟をもって崇史を演じたことを明かしました。
勢揃いした8名のキャストを見た森監督は「キャスティングがうまくいったな、と改めて感じます。各々マイペースな雰囲気の俳優が揃って、交わるようで交わらないパラレルワールドのようなキャスティングになりました」と振り返った。また、主演の玉森さんについては「僕は今回“映画俳優・玉森裕太”を生み出す気持ちで、この作品に臨みました。彼が誕生しないと、この映画は成功しないと思っていました。でも、その期待に応えてくれた“映画俳優・玉森裕太”がこの映画では見られるので、ぜひご覧ください」とコメントしました。

トーク中、本作のタイトルにちなんで「自分が迷い込んでもいいな、というパラレルワールドは?」という質問が振られると、玉森さんは「ずっと晴れの日の世界」、染谷さんは「体力がなくならない世界。あと台本を読んだら一瞬で覚えられる世界」など、お茶目な答えで会場を盛り上げました。

最後に、謎解きミステリー映画である本作にちなみ、登壇者全員で謎解きクイズに挑戦。突然の出題に一生懸命考える登壇者たちでしたが、玉森さんがしっかりと正解を導き出し、締めの挨拶では「この映画は全員で魂を込めた作品。自信を持って皆さんにお届けできます。頭フル回転のミステリーを楽しみながら、挑戦していただきたいです」とコメントし、華やかな舞台挨拶が終了しました。