4/16(火)完成披露 レッドカーペット&舞台挨拶レポート

 

4月16日(火)、本作の完成を記念してレッドカーペットセレモニーならびに完成披露試写会が開催されました!主演の玉森裕太さん、吉岡里帆さん、染谷将太さん、筒井道隆さん、美村里江さん、清水尋也さん、石田ニコルさん、田口トモロヲさん、森義隆監督が初めて勢揃いしました。

レッドカーペットセレモニーでは、多くのファンが詰めかけた会場で幕が降りるとともに玉森さん、吉岡さん、染谷さんたちキャスト・監督が登場すると、大きな歓声と拍手に包まれました。ステージから順番にレッドカーペットに降り立つと、あまりの至近距離にファンからは悲鳴にも似た歓声があがり、会場のボルテージはマックスに!“自撮りは苦手”という玉森さんがカメラを構え、共演者や監督、ファンのみんなと自撮りに挑戦する一幕も。

 

映画館で行われた舞台挨拶では、お披露目となる映画を楽しみに来場したお客様のみならず、マスコミ席も超満員でスタート。玉森さんは、パラレルワールドを行き来する崇史の役作りについて「自分には経験のないことで、役作りも苦労しましたが、監督からいっぱいアドバイスをいただいて現場に挑みました」と大きな覚悟をもって崇史を演じたことを明かしました。
勢揃いした8名のキャストを見た森監督は「キャスティングがうまくいったな、と改めて感じます。各々マイペースな雰囲気の俳優が揃って、交わるようで交わらないパラレルワールドのようなキャスティングになりました」と振り返った。また、主演の玉森さんについては「僕は今回“映画俳優・玉森裕太”を生み出す気持ちで、この作品に臨みました。彼が誕生しないと、この映画は成功しないと思っていました。でも、その期待に応えてくれた“映画俳優・玉森裕太”がこの映画では見られるので、ぜひご覧ください」とコメントしました。

トーク中、本作のタイトルにちなんで「自分が迷い込んでもいいな、というパラレルワールドは?」という質問が振られると、玉森さんは「ずっと晴れの日の世界」、染谷さんは「体力がなくならない世界。あと台本を読んだら一瞬で覚えられる世界」など、お茶目な答えで会場を盛り上げました。

最後に、謎解きミステリー映画である本作にちなみ、登壇者全員で謎解きクイズに挑戦。突然の出題に一生懸命考える登壇者たちでしたが、玉森さんがしっかりと正解を導き出し、締めの挨拶では「この映画は全員で魂を込めた作品。自信を持って皆さんにお届けできます。頭フル回転のミステリーを楽しみながら、挑戦していただきたいです」とコメントし、華やかな舞台挨拶が終了しました。