6/8(土)『パラレルワールド・ラブストーリー』
愛と感謝を込めて 玉森裕太 札幌舞台挨拶 レポート

会場:札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌

公開から約1週間が経ち、すでに SNS等には「2回観た」「3回観た」と複数回ご覧になったという書き込みが多くリピーターが続出している本作ですが、そんな劇場へ足を運んでくださっている皆さまへ愛と感謝を込めて、主演・玉森裕太さんによる4大都市舞台挨拶が、北海道よりスタートしました。
 

 
「愛と感謝の代表、玉森裕太でーす!」とはじめに挨拶をすると、会場からは熱い歓声が。
この映画を「何回観た」と言うことを「何パラした」と言うということで、(※Kis-My-Ft2 メンバーの北山さんがライブで“何パラ”と数えることを発言) 会場のお客様にも玉森さん自ら「2パラの人―?」「3パラの人―?」と問いかけ。次々と数が進み、「7パラ以上の方―?」という問いに手を挙げたお客様に玉森さんが、「何パラ?え?アスパラ?」と聞き間違いをし、会場を笑わせる場面も!(舞台からよく聞こえなかったのですが、「アスパラ」ではなく「8パラ」でした(笑))
 

 
以下Q&A/敬称略
 
MC:北海道に来て何か美味しいものは食べました?

玉森:奥芝商店さんのスープカレーをいただきました。あまりスープカレーって食べたことなかったですが、海老の出汁がきいていて、ハンバーグが入っていてとても美味しかったです。
 
MC:北海道はいらっしゃる機会はありますか?

玉森:ライブで来るくらいですね。最後に北海道に来たのは、アリーナツアーの時でした。2年ぶりくらいなので、久しぶりな感じです。
 
MC:映画が公開して1週間経ちますが、玉森さんのところにも感想は届いてますか?

玉森:観たよ~という感想はいろんな方からいただきました。
 
MC:Kis-My-Ft2のメンバーもご覧になってますか?

玉森:メンバーも観てると思いますが、感想をくれたのは宮田さんですね。宮田さんは衝撃的だったと言ってました。「玉が玉じゃない・・・」って言ってました(笑)
 
MC:演じた崇史と玉森さんご自身で違うところはありましたか?

玉森:自分とは正反対だと思いますね。性格だったり、頭がいいとか、運動ができるとか・・全部ないなぁと思って(笑)
 
MC:バスケットボールのシーンがありましたが、楽しそうでしたね。緊張が続いてた中でほっとできるシーンだったのかな?と。

玉森:緊張してましたよ。バスケが得意な設定だったので。
 
 
MC:それではここからは、公式Twitterに全国から質問を投稿いただいたので、その質問にお答えいただきましょう。では玉森さんボックスからひいてください!

玉森:できる限りたくさん答えられるように頑張ります~!
 
 
<千葉県・水玉さん>麻由子の仕草や言動でキュンとしたりドキッとしたシーンはありますか?そして、玉森さんをキュンとさせるにはどうしたらいいですか?

玉森:麻由子とのシーンでドキッとしたのは、バスケのシーンとかですかね。一緒に楽しんでくれる人はいいなと思いますね。キュンとしたシーンは、冒頭の電車で窓越しで出会うところです。
 
<北海道・ひろみちさん>研究者の役を演じられてましたが、もし玉森くんが研究者になったらどんな研究をしてみたいですか?

玉森:(笑い)想像したことないな~。どうする~?(迷う)体の不思議はいっぱいありますから、細胞だったり筋肉だったり・・・の研究ですかね。
 
<福岡県・ゆまさん>劇中で話されていた英語が印象に残ってます。可能であれば、この場で劇中のセリフを披露していただけませんか?

玉森:覚えてないですよ~。ちょっとくらいなら言ったなぁというのも頭にありますが・・・ほんとちょっとだけなら・・・本当に一瞬だけですよ?
「J・・P・・」【スタッフ注:ロスに電話する際に伝える崇史のID番号です!】はい、次いきます(笑)
 
<埼玉県・のんのんのんたんさん>ファンのみんなには何パラして欲しいですか?

玉森:う~ん・・数で決めるのはあれですけど、いろんな楽しみ方がある映画なので、崇史、麻由子、智彦3人それぞれの視点で観ていただくとか、たくさんの見方で楽しんでもらえたら嬉しいですね。
 
MC:最後に来てくださった皆様へご挨拶をお願いします。

玉森:皆さんの恋愛観でも映画の感じ方が変わる作品なので、3人それぞれの視点で、何度でも観ていただけたら嬉しいです。本当にたくさんの方に愛される作品になったらと思ってます。皆さんSNS得意なので、バンバン宣伝してこの映画盛り上げてもらえたら嬉しいです。
 

 

◆ほかの回でのTwitter質問◆

<埼玉県・ひづきさん>記憶を変えたいくらい恥ずかしかった過去はありますか?

玉森:デビューした時の衣裳なんですけど・・ファンの方はご存知かと思いますが、全身ピンクでピチピチのTシャツにホットパンツだったんですよ。デビューしてこれからだぞって時で、キラキラしてかっこいい衣裳かと思ったら、Tシャツにホットパンツ(笑)恥ずかしかったです。それで登場した時の皆さんの「え?」という表情は忘れないです(笑)
 
<大阪府・ゆんさん>麻由子の部屋に押し入ったとき、何故どうしてドアを閉めなかったのですか?気になっちゃいました!

玉森:え?(会場へ)これみんな気になってる?(会場:気になってる!という反応)
気になるんだぁ。みんな良く考えてみて下さい。ドアって自然と閉まるものでしょ?
これプロデューサーに聞いたんですよ。 確かにドアが閉まってる画がなかったからそう見えちゃってるんだけど、ちゃんと閉まるドアで、本当は閉まってるんですよ。ちゃんとドア閉まるんで安心して観てください(笑)。みんなほんと細かいところ観てくださってるんですねえ。
 
<茨城県・あやたさん>もし玉森くんが電車のガラス越しに好みの女性がいたらどうしますか?微笑みますか?

玉森:微笑まないですよ。怖くないですか(笑)?
逆に皆さんに聞いてみたいですよ。女性の皆さん微笑まれたら怖くないですか(笑)?
 
<山形県・さほさん>玉森くんは運命の出会いはあると思いますか?

玉森:あるんじゃないですかね。僕の場合はジャニーさんなのかなって。ジャニ―さんに見つけてもらってこうやって存在してますから。運命的の出会いだと思いますね。
 
<会場からの質問>劇中で出てきたカレーパンはあの後食べたのですか?気になりました。

玉森:玉森:カレーパン!?どこだったっけ?【スタッフ注:食堂で智彦に声をかけられるシーン)(と途中で思い出し)ああ食べてましたね。美味しかったです。みんな本当によく見てる!
 
<会場からの質問>玉森くんはコーヒーが飲めなかったと思いますが、劇中で景子さんからミルクと砂糖を渡されたのに、砂糖1本しか入れてなかったと思いますが、飲めるようになったのですか?

玉森:29歳になったので、ブラックコーヒーも飲めるようになろうかなーと思って(笑)